2024/07/12

Column

Garden Party

美味しい食事を囲んで楽しいお喋り。そこに少し、季節のお花があれば、すぐにガーデンパーティーをひらけます。北欧スウェーデンの洋書Grow herbs, flowers & leavesに載っていたレシピを簡単に再現してみました。

本には野菜やハーブ・花について、品種やそれぞれの育て方、またそのレシピがきれいな写真と共に掲載されています。ただ飾って見るだけでも素敵な洋書ですが、せっかくなのでレシピのお料理でパーティーメニューを作ってみました。

ハーブバター3種
「ハーブバターはハーブを上手に活用する方法です。冷凍しておいて必要な時だけ取り出せるのも嬉しいですね。」
と本には書かれていたレシピ。作ってみるととっても簡単に季節の味を楽しむことができ、色々な料理にも使えそうなので本当におすすめです。

乾燥ハーブ入りバター

  • ・室温に戻したバター 250g
  • ・刻んだ乾燥ハーブ 1 dl
  • ・ひとつまみの塩

フレッシュハーブ入りバター

  • ・室温に戻したバター 250g
  • ・刻んだフレッシュハーブ 1dl
  • ・ひとつまみの塩

ハーブと花の入ったバター

  • ・室温に戻したバター 250g
  • ・刻んだ新鮮なハーブとエディブルフラワー 1 dl
  • ・ひとつまみの塩

作り方はそれぞれ、すべての材料をボウルに入れ、フォークまたはスプーンを使用してハーブをバターに加えます。または、小型のフードプロセッサーに入れて混ぜます。

ガーデンピザ
「季節の野菜、ハーブ、花を組み合わせたものが、私たちのお気に入りのピザのトッピングです。ベースはクリームフレッシュと熟成チーズのボトム。」
と紹介されていたピザのレシピ。サワードウというヨーロッパでよく使われる酸味のある発酵種を使った生地の作り方が載っています。今回は市販の冷凍ピザ生地を使った、お手軽レシピで作りました。

4人分 ピザ 250g

  • ・ピザ生地 4枚
  • ・ハーブ、エディブルフラワーのミックス 100 g
  • ・生クリーム 大さじ4〜5
  • ・熟成チーズ 2dl
  • ・お好みのオイル 適量

ピザ生地に大さじ1程度の生クリームをぬり、チーズをのせて生地をオーブンで焼きます。丁度よい焼き目のついた生地に、お好みのエディブルフラワーとハーブ、生野菜をのせます。オリーブオイルやハーブオイルなどをかけて完成です。

ピザにかけるオイルも、手作りのハーブオイルがおすすめです。洗ってよく乾かしたハーブとにんにくや鷹の爪をオリーブオイルの中に漬けておくだけで出来上がります。
洋書によく出てくる単位の1dlは100ml。重さは個体によって違うので、軽量カップに入れて大体で計測してみてください。

たくさんの草花で囲まれたお庭で、素敵な食事とお菓子をいただくガーデンパーティーにも憧れますが。まずは育ったハーブを料理に添えて、咲いていたお花を飾れば、簡単にパーティーを楽しめますよ。
是非とも暮らしの中でグリーンを楽しむ、北欧ガーデニングを始めてみてください。

Recommend

3-in-1 Herb Potsの画像
Herb Pots
小型バサミ
小型バサミ
ガーデントローリーシリーズ
ガーデントローリーシリーズ

2024/06/28

Column

春・夏・秋の虫対策に

植物を育てていると、悩まされるのが「虫」の被害や「病気」どんなに丁寧に育てていても一度は経験されている方も多いと思います。今回のコラムでは、今の時期を中心に、「虫」にはどんな対策ができるのかをご紹介していきます。

一年を通して見ると冬は虫も冬眠をしたりお休み期間なのであまり被害が出にくいですが、暖かくなってくる春から夏、そして秋の期間はたくさんの虫が活動をします。
春夏の代表的な虫といえば「アオムシ」キャベツなどの野菜に多くみられ、数日で食べ尽くしてしまうことも。スウェーデンでも同じように被害があり、キャベツネットと呼ばれているマイクロメッシュのものを使用し、対策をしているそう。アオムシが発生する時期は、4月〜6月と9月〜11月頃が多くなり、特にアブラナ科の野菜を好むため、アオムシを発見したらすぐに退治しないと数日後には葉っぱが穴だらけになることも。

対策するにはネットを使用したり、殺虫剤をかけたりすることも有効です。でもなるべく薬品を使用したくない方には「コンパニオンプランツ」もおすすめ。ヴェクスセットのスウェーデン本社では「パートナープランツ」とも呼ばれており、違う種類の植物を植えることでより良い成長を促す効果があったり、病害虫の予防にも効果的と言われています。

アオムシ対策で言うと、レタスや春菊などのキク科や、セリ科の植物を嫌う傾向があり、中でもレタスは効果的と言われています。逆にレタスが好きな虫・タバコガ(8〜10月に被害が増える傾向)はアブラナ科の植物を嫌がるため、キャベツなどと一緒に育てると互いの害虫被害を予防することができます。また、キャベツやレタスはマリーゴールドなどとも相性がいいと言われています。マリーゴールドの花には、アブラムシに寄生する多くの益虫が集まるため、アブラムシが嫌がります。

他にもたくさんの組み合わせがあるそうです。

  • ・パセリとねぎ
  • ・にんじんと玉ねぎ
  • ・豆科の植物といちごやレタス
  • ・いちごとニンニク
  • ・トマトなどの夏野菜とバジル

にんじんと玉ねぎの組み合わせはスウェーデンでは古くから使われており、害虫被害を100%防げるわけではないですが、自然と共に暮らす知恵のひとつとして、試してみるのもいいかもしれません。

畑やお庭だけでなく、梅雨から夏にかけては室内の観葉植物にも注意が必要です。お店で観葉植物を購入した時に知らない間に虫がついている場合もあれば、育てる環境が植物にとってあまりいい環境でない場合などにも発生しやすくなってきます。
小さい虫だと外を出入りする自分たち人間についている場合もあり、そこから発生することもしばしば。乾燥しすぎてもアブラムシやハダニが繁殖しやすくなり、逆にムシムシとした環境だとコバエが住みつきやすい環境になります。見つけたらすぐに駆除することが大切ですが、事前の対策もおすすめです。

観葉植物の代表的な害虫といえば「ハダニ」や「アブラムシ」「カイガラムシ」と言われ、繁殖しやすく病気の原因などにもなる害虫と言われています。ハダニは乾燥した環境を好むため、定期的な葉水などのお手入れをしてあげると予防につながります。

カイガラムシは、風通しがあまりなく湿気がたまりやすい場所に発生しやすいです。アブラムシも同じく風通しがない暗い環境を好みます。なので、なるべく植物は風通しがいい環境においたり、明るい環境に置いてあげるほうが予防につながります。難しい方はお休みの時など時々風を通してあげたり、明るい部屋に移動してあげることもいいかもしれません。

オンラインストアでも害虫予防として「除虫菊のスプレー」を取り扱っています。古くから害虫を忌避するといわれている除虫菊から抽出した成分が、不快な害虫を寄せ付けなくする防虫スプレーで、天然成分のみを使用しているので、室内の植物や家庭菜園にも安心してお使いいただけるのでおすすめです。
梅雨から夏・秋に向けて、大切な植物の虫対策に、ぜひお試しください。

Recommend

evo 虫を寄せ付けない水<除虫菊>
evo 虫を寄せ付けない水<除虫菊>
ミストスプレー
HAWS・ミストスプレー
ミストスプレー
HAWS・ミストスプレー

2024/6/21

Column

手が足りない!そんな時のおたすけアイテム

これから迎える夏は、フェスやキャンプ、旅行などお出かけイベントが盛りだくさん。そんな時に悩むのが「留守中の植物たちの管理」水やりに暑さ対策に・・・心配は山ほどです。

おたすけアイテム

今回のコラムでは、少しでもそんな心配が拭えるようなアイテムをご紹介します♪留守の時だけでなく、時短にもなったりするので、少しでも手間を軽くしたい方もぜひチェックしてくださいね!

Irrigatiaの画像
たくさん植物を育てている方に最適な自動給水器
「Irrigatia」

定期的に水やりを行うことができるので、植物をたくさん育てている方など、水やり管理のアイテムとしておすすめです。雨水などを貯めておけばそこから給水もできるので水道代もかからず一石二鳥に。
Hydro Wineの画像
ちょっとした旅行の時やお出かけの時に。水やりを代わりにやってくれるお洒落なアイテム
「Hydro Wine」

素焼きのピック部分から植物に必要な適度な水が自動的に出ることで、植物を生き生きとした状態で保ちます。お気に入りのワインボトルでインテリアとしてお部屋を彩ることも◎そのほかに、球体型のクリスタルデザインのアイテムや、金魚鉢のような可愛らしいフォルムのプラスチックタイプもあります。
Raingaugeの画像
水やりの量や水やりの頻度を決める時に役立つ、簡易的な雨量計
「Raingauge」

雨量を50mmまで計測できるツール。植えたばかりの植物など、根が繊細な植物は水やりの頻度が重要になるので、そういう時に便利です。また夏野菜は水分を含み過ぎると肥大してしまうこともあるため、雨量計を設置しておくことで、収穫をする際の目安にすることもできます。
FLOPRO ROTATING DECORATIVE SPRINKLERの画像
何度も水汲みの往復をせずに済む、スプリンクラー
「FLOPRO ROTATING DECORATIVE SPRINKLER」

オンラインストアでは小型タイプから大型のものまで、様々なデザインのスプリンクラーが揃っています。散水範囲によって決めたり、お花デザインのものもあるので、お庭のアクセントとして選ぶのもおすすめ。人工芝のお庭では直接地面にさせないこともあるため、バケツに土などを入れて簡易的に設置することもできます♪(小型のスプリンクラーがおすすめ)真夏は子どものプールと一緒に楽しんだり、ペットの水遊びにも大活躍すること間違い無いアイテム。
FLOPRO Mechanical Timerの画像
タイマーを使用して、散水時間を管理したい人におすすめ
「FLOPRO Mechanical Timer」

電池などは必要がなく、設定した時間に自動で散水が止まるシステムのタイマー。これから出かけたい!そんな急なお出かけの時にも放っておけるので、一度セットしたらお任せできるのが便利。使い方もとってもシンプル。
FLOPRO Digital Timerの画像
「FLOPRO Digital Timer」
開始時刻、通水時間、頻度を自分の好きな時間に設定ができるデジタルタイプ。設定時刻には自動で毎日動き続けてくれるので、一度タイマーとスプリンクラーをセットしたら毎日のみずやりの手間が省けてとっても便利。
Potty Feetの画像
日差しで暑くなった地面から植物を守るアイテム
「Potty Feet」

ポッティフィートを置くことで、鉢と床の間にすき間をつくり、排水性や通気性をよくしたり、日差しで熱くなった地面から鉢を守ったり、泥の跳ね返りを防ぐことも。素敵なモチーフのアイテムがたくさんあるので、ギフトにも人気。
3-in-1 Herb Potsの画像
お部屋の中のキッチンハーブの管理も簡単!
「3-in-1 Herb Pots」

水がなくなった合図がお花の位置でわかるハーブポット。キッチンやリビングなどのコンパクトスペースでもハーブやお花などの栽培ができて、お水も自動で給水されるので管理も簡単。3ポットタイプのほか、シングルポットもあり、カラーバリエーションも豊富です♪

Recommend

コラムでご紹介したアイテムの他にも、おすすめのおたすけアイテムを多数ご用意しています!ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。
おたすけアイテムはこちら

2024/06/07

Column

男性へおすすめ
Pruning Knife

イギリスのブランド、ケントアンドスト―のプルーニングナイフのポイントはまずその見た目のかっこ良さ。アッシュ材の持ち手と鋭いステンレス鋼の刃、そこに「Kent & Stowe」の文字が刻まれ、いかにも英国ブランドらしさを出しています。男性へのプレゼントにおすすめしたい、折りたたみ式の小型ナイフをご紹介します。

そろそろ父の日も近づいてきましたが、プレゼントはお決まりでしょうか?女性から男性へ贈るプレゼントはとても難しいですよね。何を贈っていいのかわからない、趣味や好きなものが特定で無いなど、相手のことを思えば思うほど悩んでしまいますね。
男性はナイフが好き。そんな気がします。

プルーニングナイフの折り畳み時のサイズは、長さ11cm、幅は約4.5cmとポケットにすっぽりと収まるサイズ。形も持ち手、刃部分共に湾曲しているため、手に持った時にすんなりとフィットしてくれます。

また、この湾曲は刃を広げて使用する時に本領を発揮。枝の切り口を整えたり、樹皮を剥いだりする作業の時は、右手・左手どちらにもフィット。小ぶりな枝や果実を収穫する際には、まさに掻き切るという言葉が相応しく、内側に曲がった刃先が対象物を捉えます。

こちらは雑誌『Begin』2023年11月号にも掲載された商品です。掲載のきっかけは、商品を購入し使い心地を気に入ってくださったライターさんから、記事にしたいとご連絡をいただいたのが最初でした。

ガーデニングだけでなく、普段の作業やアウトドアにもぜひ活用してほしい、おすすめの商品です。

Recommend

Pruning Knife
折りたたみ小型ナイフ
父の日ギフト
父の日ギフト
レーザー刻印サービス
レーザー刻印

2024/05/17

Column

ミニ熊手
3 Prong Cultivator

5月は植付け・植替えや除草、開花後のケアや虫対策などやることがたくさんありますね。ミニ熊手を使うことでそれらの作業を楽にすることができます。日本ではあまりスタンダードではないけれど、実は使い勝手抜群のミニ熊手の特徴と使い方お伝えします。

3 Prong Cultivatorは三又の耕作道具という意味で、ハンドレーキとも呼ばれています。日本では竹製の長い柄のついた熊手が主流で、掃除の落ち葉集めなどに使われる出番が多いかと思います。ミニ熊手の使い方は全く別物で、使い方次第ではいろいろなシーンや場所で使える万能選手となってくれます。

苗を植付ける時を例に、主に次のような作業の時に活躍します。
・耕す
・植えつけ
・雑草を取る
・抜いた雑草、落ち葉を片付ける
・地面をならす

耕す

植えつけ前の土づくりには、土の中を掃除したり、元肥や空気をしっかりと混ぜ込んであげることがかかせません。ミニ熊手は力を入れてしっかりと土を掘ることも、加減を変えて軽く整えることもできます。まだ何も植えていない地面にはよく石が埋まってしまっていることがありますが、ミニ熊手の歯を差し込み手前に引くと簡単に石を取り除くことができます。

植えつけ

苗を植える時には、穴を掘りそこにたっぷりと水をやり、株を入れて埋めるというのが良いやり方と言われています。その際に穴の周囲の土と株元をミニ熊手でならしてあげると、穴と株の間にしっかりと土が入り、根鉢と土がなじみやすくなります。
ミニ熊手は歯と歯の間にすき間がある分、手前に引く時の力の入れ具合によって動かす土の量が調整しやすく、シャベルとは違い土を取り過ぎてしまう心配が少ないので、最後の仕上げ部分にとても重宝します。

雑草を取る

雑草の根元に曲がった歯の先を差し込み、かき取るように動かすと除草ツールとしても使えます。この時にも土を拾い過ぎないのがミニ熊手の良いところ。株間などの狭い場所はもちろん、目地の隙間に歯の一本を上手に差し込んで、頑固な雑草も根元から取り除くことができます。

抜いた雑草、落ち葉を片付ける

しゃがんだ格好で雑草を抜いていると、バケツを持って移動するのも忘れて、ついついその辺に抜いた草を散らかしながら抜き回ることがありますよね。
歯が土に食い込まないように軽く持って、地面の表面をなでるように動かすことで、これらをかき集める熊手となります。

地面をならす

最後に地面を平らにしてあげると土の跳ね返りも少なく、見た目も良くなります。
ヴェクスセットスタッフの間では、シャベル・ガーデンフォーク・ミニ熊手の3点を三種の神器と呼んでいます。まだ使ったことの無い方はぜひ活用してほしい、おすすめの商品です。

Recommend

Hand 3 Prong Cultivator Garden Life
ミニ熊手 軽量モデル
Hand 3 Prong Cultivator
ミニ熊手
Hand 3 Prong Cultivator, Carbon Steel
カーボンミニ熊手

2024/5/13

Column

Grattis på fars dag!
〜父の日の贈り物〜

今年の「父の日」は6月16日。日本では母の日が終わると、1ヶ月後にやってくるのが父の日。ヴェクスセット本社のあるスウェーデンでは11月の第2日曜日が父の日になるそう。普段はなかなか“ありがとう”と伝える機会が少ない方も、言葉で伝えるのが恥ずかしい方も、贈りもので想いを伝えるのはいかがですか?

父の日

ヴェクスセットではギア好きな方の心をくすぐるアイテムや、おしゃれだけど機能性のあるアイテムを多数取り扱っています。今回のコラムではスタッフ一押しのアイテムをピックアップしてご紹介します!ただご紹介できるのは一部アイテムのため、コラム最後にあるカテゴリーより、さらに多くのおすすめアイテムをご覧いただけます!こちらもぜひご参考にしていただけたら嬉しいです♪

Haws Mist Sprayerの画像
塊根植物や観葉植物が好きな方におすすめ
「Haws Mist Sprayer」

イギリス・Haws(ホーズ)のミストスプレーは繊細なミストで植物を痛めることなく、最高の状態に仕上げてくれます。インテリアにも馴染むシンプルなデザインで、男女問わずギフトにも人気です。
Kent & Stowe Perennial Spadeの画像
庭いじりが好きな方におすすめ
「Kent & Stowe Perennial Spade」

お庭の宿根草などの多年草のお手入れに重宝する株分シャベル。植物を傷つけることなく根が切れるよう尖ったデザインで、ヘッド部分はフラットなので土に入りやすく、まさに株分けのために設計されたシャベルです。
Kent & Stowe Snips, Garden Lifeの画像
夏野菜の収穫や植物の剪定をする方におすすめ
「Kent & Stowe Snips, Garden Life」

コンパクトでスタイリッシュなデザインの剪定ばさみ。摘み花や切り花のカット、野菜や果実の収穫などにも使える便利な剪定ばさみです。また両刃タイプで断面がキレイなので、盆栽の芽切鋏としてもおすすめです。
Kent & Stowe Capability Trowelの画像
アウトドア好きな男性におすすめ、多機能シャベル
「Kent & Stowe Capability Trowel」

持ち手にはハンマーがついており、テントを設置するときの杭を打つのに便利です。キャンプサイトによっては雑草が生えていたり根が出ていて張りづらい、、、そんな時にシャベルのギザギザ部分で根を切ったり、除草しながら整えていくことができます。
Kent & Stowe Pruning Knifeの画像
小さいのに存在感のある小型ナイフ
「Kent & Stowe Pruning Knife」

こちらのナイフはガーデニングだけでなくアウトドアシーンにもおすすめ。ちょっとした剪定や、木の皮を削ぐ作業などにも使いやすいナイフです。人間工学に基づいたハンドルデザインの為、快適に作業を進めることができます。
刻印サービス
レーザー刻印サービス
ガーデニングハンドツールを中心とした対象アイテムには、刻印サービスもご利用いただけます。贈る相手のお名前や好きな言葉、誕生日など、ご希望の言葉を刻印いたします。世界にひとつの贈り物に、おすすめです。

Recommend

ヴェクスセットオンラインストアでは父の日限定ギフトラッピングをキャンペーン期間のみ無料でご利用いただけます!ぜひこの機会にご利用くださいませ。
父の日ギフトはこちら
2023年の父の日コラムはこちら

2024/05/10

Column

意外と知らない?!肥料のこと

植物を育てるのに欠かせないのが肥料。植物の種類や状況によっても肥料の種類が変わったり、追肥の時期のタイミングがわからなかったり…。なんとなく難しく考えてしまいますよね。今回は肥料ついて基本的なことをはじめ、肥料の与え方などをご紹介をしていきます。

肥料

植物が育つのに必要な成分

重要な成分は「窒素」「リン酸」「カリ」の三要素と言われています。この成分は土壌中で不足しやすく、肥料として補ってあげる必要がある成分です。

「窒素」…主に葉や茎をつくるのに必要な成分。
「リン酸」…主に開花や結実を促進するために必要な成分。
「カリ」…主に根や細胞の繊維を丈夫にする作用があり、植物の生理作用を調節し、耐寒性を高めるのに役立つ成分。

上記の三要素は、肥料の種類によって含まれる割合が異なります。商品によっては専用のものとして販売されているものもあるため、育てている植物が育っている段階に応じて、あったものを選ぶのもポイント。

植物が育つのに必要な成分

肥料の種類

肥料には大きく分けて有機質肥料と無機質肥料と2種類あります。

「有機質肥料」…牛ふんや骨粉のような生物から作られた肥料。少しにおいのあるものもありますが、ゆっくりと肥料の効果がでてくるのが特徴です。野菜など収穫して口にするものを育てるときには有機の方がいいですね。
「無機質肥料」…化学肥料とも呼ばれ、植物に必要となる栄養を化学的に生成した肥料。即効性があるものからゆっくり長く効果が続くものまで種類はいろいろ。においなどもないので、室内で育てる観葉植物や、長く楽しみたいお花などを育てるには無機質肥料が適しています。

肥料の種類

肥料の効き目

肥料によって、その効果が現れるタイミングが異なります。速効性、緩効性、遅効性に分かれ、それぞれに特徴があります。

「速効性」…液体タイプのものが多く、すぐに効果が見えやすいのですが持続性はあまりありません。
「緩効性」…固形タイプのものが多く、水やりをするたびにゆっくりと成分が溶け出して効果が続きます。
「遅効性」…緩効性と同じように、与えてもすぐには効果を発揮せずに、少しずつ長期間にわたって効果が続きます。

肥料の効き目

肥料を与える時期

大きく分けて植え込み前にあげる「元肥」と、生育状態に合わせて与える「追肥」があります。

「元肥」…植物を植え付ける時に事前に用土に混ぜる肥料のこと。土に混ぜるため、肥料が直接根っこに触れることもあるので、根っこが直接触れてもトラブルの心配がない粒状の肥料などがおすすめです。用土全体にいきわたるよう肥料をよく混ぜこむのがポイント。
「追肥」…育て始めたあと、野菜は1か月に1回、お花などの植物は2〜3カ月に一度を目安に追肥をします。あくまでも目安なので、植物の状態をみて頻度を調整することが大切です。

○植物が元気がない時は…
例えば、虫がつきやすい/葉っぱが元気がない/根が傷んでしまう
上記のような症状が出たら、肥料をあげすぎているサインです。

○肥料が少ない場合のトラブル…
花がつかない/葉の色が薄くなる、落ちる/先端の葉の成長が止まってしまった
上記のような症状の場合、急激に追肥の頻度をあげるということはせず、速効性のある液体肥料をあげて、様子をみていくことがおすすめです。

肥料をあげるタイミング

追肥のあげ方

鉢植えは、液肥の場合水やりに置き換えて与えていきます。固形肥料は株から少し離した場所におきます。
庭木や花木は、外側に伸びた枝の先の下に穴を掘って肥料をあげます。正しい方法で追肥をしてあげることで、トラブルも少なくなります。
植物を毎日観察してあげることで、病害虫対策にもなるので習慣にするのがおすすめです♪

追肥方法

Recommend

evo・実と花がよくつく肥料120g
実と花がよくつく肥料
evo・植物が元気に育つ水200ml 原液
植物が元気に育つ水
oiTHEOオイジオ整える完全有機肥料
oiTHEO有機肥料

2024/04/12

Column

芝のお手入れ

春から夏にかけて、芝を敷いているご家庭では芝が伸びすぎてしまったり、芝の中に雑草が生えてしまったりお手入れが欠かせない時期になります。ヴェクスセットでは様々なツールを扱っていますが、ご自宅に芝のある方にはぜひおすすめしたいアイテムがありますので、今回はそのアイテムたちをご紹介します。

Lawn Shears

Lawn Shears(芝刈りばさみ)

暖かい時期の芝はどんどん伸びていきますよね。芝の高さは2〜4僂鯡椣造膨蟯的なお手入れが必要です。春や夏の時期は月に一度、夏の時期は週一回程度の刈り込みがおすすめです。かなりの頻度になるので、電動芝刈り機を使っている方もいるかもしれませんが、目地の部分やお庭の角など、芝刈り機が入り込めない細かい部分は手作業が必要になることも。そんなときに重宝するのがこのLawn Shears。刃が入りやすく細かい部分の芝刈りにうってつけです。また、柄が長いため、腰の負担がなくサクサクと芝を刈ることができます。

Lawn & Leaf Rake Garden Life

Lawn & Leaf Rake Garden Life(熊手)

芝刈りのあとの刈り込んだ芝の回収に。ステンレスの歯が芝の間に入り込みやすく、芝を傷つけずに刈り込んだ芝や落ち葉を回収してくれます。ステンレス製なので水洗いをすることができ、竹製の熊手よりも長持ちで、愛着を持って使えそうです。
芝刈りばさみとガーデン熊手を使用した庭のお手入れ動画はこちら



Daisy Grubber(雑草取り)

ヴェクスセットでは除草アイテムを数多く取り揃えていますが、芝の中にはえてくる厄介な雑草には、Daisy Grubberが最適です。フォーク部分を土の中の根元に差し込んで、ぐいっと持ち上げればピンポイントに除草をすることができます。雑草がはえてしまったら小さいうちに除去していきましょう。

Monsoon Oscillating Sprinkler(スプリンクラー)

芝を張ってすぐの頃や夏の日差しが強い時期には高い頻度で水やりが必要になります。8〜9月は乾いていればほぼ毎日、春と秋には1週間に一回程度水をあげます。芝が巻いて細くなってくると水やりの合図になっています。散水範囲が広い場所にはスプリンクラーがとても便利です。芝を傷つけずに散水ができること、自分で好みの範囲が選べるのがMonsoon Oscillating Sprinklerのおすすめポイントです。



Recommend

2024/04/05

Column

夏野菜の植えつけ

4月5月は夏野菜の植えつけ適期ですが、春の風で植えたばかりの苗が振り回されてしまうことがありますよね。苗を植えつけたら支柱に誘引して、生長を助けてあげましょう。

苗の植えつけ

植えつける苗にはまず、植える2時間ぐらいに前に水をあげておいてください。そうすることで根鉢が崩れるのを防ぎます。次に苗鉢より少し大きめの植穴を掘り、そこにもたっぷりと水をやります。

根鉢と地面の高さが同じになるように穴に苗を置き、周囲に土をかぶせます。定植時に根を傷めると生育が遅れるので、苗はそっと扱ってあげてください。風のない穏やかな午前中に植えつけを行うのもコツです。

支柱を立てる

まだ背丈が低いからといって、植えつけてそのままにせず、支柱で支えてあげましょう。まだ根づいていない状態で風に吹かれてしまうと、枯れてしまうことがあります。

誘引をする

茎と支柱に、中央をねじって8の字に紐をかけます。植物が生長するにつれて茎は太くなるので、紐がくい込まないように、茎のほうにゆとりを持たせながら、支柱側で結びます。

支柱には大きくなるのを支えるだけでなく、日当たりや風通しを良くする役目もあります。そうすることで収穫量も変わるので、夏野菜には欠かさず活用してみてください。
こちらの写真はヴェクスセット本社の屋上で育てたミニトマトです。風にも負けず元気に育ってくれました。

Recommend

2024/3/29

Column

ガーデニングをもっと気軽に

ガーデニングや畑仕事は体を動かす作業が多くを占めるので、自分のコンディションが作業に影響することもしばしば。重かったり使い勝手の悪い道具を使用して、手や腰が痛くなってきてしまったり、長時間の作業が苦痛に感じることもあります。そんな負担を軽減できればとつくられたのが、イギリス・Kent&Stowe(ケントストー)のガーデンライフシリーズ。
「The lighter way to garden.」ガーデニングを気軽にできるように設計されたシリーズです。

各国で選ばれる英国ブランド
Kent&Stoweについて

Kent & Stowe (ケントストー)は17 世紀に起源をもち、多くの庭師やガーデナーの間で信頼を得ている、高品質の園芸用具・農具のブランドです。

クラシカルでこだわりのある製品は、伝統的な職人技と現代のテクノロジーを組み合わせて生み出されています。各ツールには高品質の素材が使用され、自信があるからこそ5年から15年の保証が付いています。

伐採や剪定から植栽や除草まで、あらゆる作業に対応する製品があり、人間工学に基づいたハンドル、鋭い刃、バランスの取れたデザインにより、使いやすさと効率的作業ができるように設計されています。プロから初心者の方、お子さまにも使いやすいガーデニング用品があり、多様なラインナップも魅力のブランドです。

オリジナルツールと比較して最大40%軽量化された「Garden Life(ガーデンライフ)」シリーズ

このシリーズはあらゆる方に対応できるよう作られたシリーズです。サイズが小さくなり軽量化されても機能性が落ちることのないように設計され、初めての方からプロまで多くの方から支持されています。
手の小さい方はもちろん、運動能力に不安がある方、軽い道具を好む方や、持ち運びやすい道具をお探しの方に好まれるサイズ感。
また、ヘッド部分もそれぞれコンパクトになっているので、狭いスペースや植物が密集した場所での作業用に最適に設計されています。

「ガーデンライフシリーズ」の特徴・商品ラインナップ

・ケントストーのオリジナルツールよりも最大40%軽量化
・ツールのヘッド部分(作業する部分)には高品質のステンレススチールを使用
・ハンドルにはアッシュ材が使用され、持ちやすさに加え、デザイン性もおしゃれで人気
・片手でも簡単に操作がしやすい設計
・保管場所に困らない
・ガーデニングツールや剪定ばさみそれぞれにしっかりとした保証付

固い土をほぐして肥料や空気を混ぜたり、除草に最適なツール

Digging Spade
Digging Fork

枯葉や落ち葉を掃除するときに便利なツール

Lawn and Leaf Rake

土をならすときや、ほぐす時に便利なツール

Soil Rake

雑草掃除するときに便利なツール

Dutch Hoe

ガーデニング・畑作業のさまざまシーンで使い勝手のいいツール

Hand Spade
Hand Fork

除草や土を耕すときに便利なツール

Hand 3 Prong Cultivator

バラや観賞植物、生木の剪定に最適なコンパクトサイズの剪定ばさみ

Bypass Secateurs 6.5

摘み花や切り花のカット、果実の収穫など用途多才なコンパクト剪定ばさみ

Snips

背の低い植木の刈り込みに最適な剪定ばさみ

Hedge Shears8

ヴェクスセットのオンラインストアでは、さまざまなツールを扱っているので初めての方は特に迷ってしまう方も多いと思います。このガーデンライフシリーズは初めての方にも使いやすい道具なので、おすすめです。またギフトなどの贈り物としても選んでいただくことが多いです。名入れサービスも行っているので、名前や好きな言葉などを刻印してみたい!という方はこちらも一緒にご利用くださいませ。

Recommend

2024/3/22

Column

スウェーデンの母の日
Message from LENA

スウェーデンでの母の日は他の国とは違って、5月の最終日曜日です。他の多くの風習と同じように、母の日はアメリカから伝わってきたもので、スウェーデンの独自の習わしと融合して、現在は確固たる文化の一つとなっています。
母の日はスウェーデンでは1919年に作家のCecilia Bååth-Holmbergがより多くの花が国内に咲き、プレゼントできる5月の末が良いと提唱してから、5月の最終日曜日に行われるようになりました。

また、1607年からスウェーデンに伝わる別の母の日の話もあります。この日は孤児や、母と離れて暮らす子供たちが、母に会える日、又は母の愛を受けられる日として、小さな贈り物をもって地元の教会を訪れるというものです。

1990年後期まで、母の日は今日の様な商業的な宣伝はされておらず、子供たちが家族を敬うために、ケーキや花をもって母を訪れ、一緒にコーヒーを飲んだりして過ごすというものでした。現在は、他の行事と同じようにかなり商業化が進んでいて、どちらかというとプレゼントを贈るということが強調されてしまっていますが、引き続き家族で集まって団らんするという核の部分はしっかりと残っています。
天候にもよりますが、私たち家族は、近所のコーヒーショップを訪れたり、きれいな公園や庭園を散歩したりします。

私は三児の母で、そのうちの二人はすでに子供もいるので、家族全員で集まるというよりは、それぞれの孫と会うことの方が多くなってきています。
孫たちと私たちが好きなのは、有名なプリンセスケーキを食べることです。プリンセスケーキというのは、緑とピンクのバラのマジパンがトッピングされていて、中にはたっぷりのホイップクリームとカスタードのスポンジケーキが隠してあるもので、とっても甘くておいしいのですよ。

(以下、英文)
Mother's Day in Sweden as in the other Nordic countries are celebrated the last Sunday in May unlike many other countries that celebrates this already in Marsh. As many other traditions the Mother's Day traditions has been imported from America and have since long become an integral part of our cultural heritage. The Mother’s Day celebration started in Sweden about 1919 as an initiative from the author Cecilia Bååth-Holmberg, who suggested that May was a better time to celebrate as you can pick lots of flowers all over the country.
There are also other stories about the origin of Mother’s Day in Sweden where you can read about that it actually begun already in 1607 where lost children, or children living away from their mothers would come and visit. They then were supposed to bring gifts to their mother. During this time a visit to the local church was an important part.
Until late 1990 this day was not as ‘commercial’ as it now has become. Then the children and respective families usually visited our mothers bringing a cake and some flowers and spent the afternoon drinking coffee.Now this day, like all other holidays and a like has become more commercialized with more gifts etc. but still the original relatively basic celebration is how most of us enjoys this day. Depending on weather we may opt for visiting an outdoor coffee place and maybe take a nice stroll around some parks or gardens.
Being a mother of three, where two of them has children themselves we instead meet to celebrate all family together. The famous Princess cake is a favorite for all of us with the green marzipan topping and the pink marzipan rose on top hiding a lot of whipped cream and custard sauce.

今年の日本の母の日は5月12日。いつもお世話になっている大切な方へ、お花を見て香る楽しみと、育てる楽しみを体験していただけるよう、心をこめた特別なギフト「ガーデナー憧れのキューポットとミニバラのセット」をご用意いたしました。
ミニバラの品種はテディベア。アンティークなテラコッタカラーのミニバラです。ミニバラは室内の窓辺などで気軽に花を楽しむことができ、初めての方でも育てやすく管理がしやすいので人気のお花です。
自分へのご褒美にもおすすめですので、ぜひチェックしてみてください。

Recommend

2024/3/14

Column

植物の植え替え

室内で管理している観葉植物などの植え替えは定期的に行う必要があるのですが、植え替えるタイミングや方法など不安な方も多いと思います。今回のコラムでは、そういった不安を少しでも取り除けるように、植え替えのタイミングや方法、コツなどをご紹介します。

なぜ植え替えする必要があるの?

上の写真は数年前に植え替えをしたモンステラの根っこの様子。写真からもわかるように、根が鉢の中で混み合っています。成長する植物にとって、根が混み合うと窮屈になってしまうため、根が鉢からはみ出してきたり、鉢がパンパンになってきたらひと回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。

土の変化と栄養について

時間が経つにつれ根の成長とともに、鉢の中の土は圧縮されコンパクトになっていきます。土の変化する経過時間により、土の質が大きな違いを生み出します。いい土は長期間にわたって良い状態を維持しますが、悪い土はわずか数ヶ月で変化してしまい、根の周りの酸素の循環を悪くしてしまいます。加えて、水はけがよくなかったり、逆に土の保水性がよくない場合も植物にとってはいい状態とはなりません。これを避けるためにも植物にあった土を使用することがおすすめです。

植え替えの頻度について

よく成長する植物は、早い間隔で根が混み合ってきてしまい、植え替えが必要になりますが、成長が遅い植物は2-3年に1度のペースでも大丈夫です。(植物にあった土を使用していることが前提)植え替えをしなくても、大きな鉢に植えてあるような植物は、時々、上層部の土を取り除いてあげて、新しい土を入れ替えてあげると、土の質もよくなります。その際に中〜下層部にも新しい土が落ちるように、取り除いてあげた後に棒で数箇所穴を開けて丁寧にほぐしてあげると、新しい土が下にも落ちやすくなります。

植え替えの時期は?

基本的には春がおすすめです。冬の間は寒く植物も冬眠期間になり、春の暖かい気候と太陽の光があると再び成長が始まります。ここで新しい土と適切な大きさの鉢があれば、植物にとって順調なスタートを切ることができます。とは言いつつも、春以外でも植え替えは可能です。植え替えは植物にとってストレスとなるため、その植物の成長のタイミングも見ることがポイント。また花芽や花が咲いた植物は、開花が終わるまで植え替えない方がいいでしょう。

鉢の大きさについて

植え替えというと大きな鉢に植える印象がありますが、それだけではありません。ゆっくり成長する植物は同じ大きさの鉢や時には小さいサイズの鉢がいい場合もあります。大きすぎる鉢は植物にとって有害な場合もあり、根が十分に水分を吸収できず、土に水が溜まってしまう現象が起こります。植物がダメになってしまう原因の多くが、乾燥よりも水のやりすぎが原因となることが多いです。植え替える植物の根に十分なスペースがあり、鉢底とその周囲に新しい土がしっかり敷き詰められるような鉢を選びましょう。

鉢の素材は?

好きなデザインは別として、素焼きの鉢の場合は、鉢の壁から水が抜けるため土の乾きが早くなります。プラスチック素材の鉢は、素焼きの鉢に比べ鉢の壁から蒸発しないため、水分が長くとどまります。水をやりすぎる傾向がある場合や、乾燥気味に育てる植物には、素焼きの鉢を選びましょう。水やりの頻度が少ない場合や、より湿った土を好み土の乾燥を嫌う植物にはプラスチック鉢を選びましょう。

植え替えに必要なもの

植え替えは準備が整っていると作業をスムーズに進められます。事前に準備しておきましょう。
<道具>
・きれいな鉢
・土
・鉢底石
・剪定ばさみ

<植え替える前にやっておくこと>
・置くスペースは事前に開けておきましょう
・植え替える鉢をきれいに洗っておく ※1
・害虫のチェック ※2

※1 鉢を洗う理由・・・
鉢だけでなく植物を取り扱う際には道具はきれいにしておきましょう。汚れたまま使用すると害虫を広げる原因にもなりかねません。再利用する際にはなるべく洗って保管しましょう。

※2 害虫のチェックとは・・・
植物を植え替える前に、植物に害虫がいないかチェックします。チェック箇所は「葉の下」「葉のひだ」「葉の付け根」「葉のてっぺん」葉っぱ周辺に害虫の兆候が見られることが多いので丁寧にチェックしましょう。害虫を見かけたり、害虫がいると思われる場合は、株を残すか隔離して、蔓延のリスクを減らすことが大切です。害虫がいなくなったら植え替え作業を行いましょう。

植え替え方法

道具などを準備したら始めましょう!
<手順>
1 土に水を通す
鉢から植物の根の塊を取り出しやすくするコツは、数時間前に十分に水をやっておくことがポイント。そうすることで、根を痛めずに根の周りの土を落としやすくなります。

2 掃除と剪定
不恰好な葉っぱや、いい色をしていない葉っぱ、完全に乾燥している枝や葉っぱなどは剪定ばさみで切り落とします。

3 植物を鉢から外す
植物の入った鉢を斜めに傾け、植物が落ちないように土の上から片手で持って、鉢から植物を持ち上げます。植物が大きく広がって持ちにくい場合は優しく縛ってまとめてあげてください。根から土をはらう前に、根ジラミがいないかもチェックしましょう。

4 根から土を取り除く
全ての土を取り除く必要はありませんが、指で触ると簡単にほぐれる土は取り除いてあげます。また枯れた根や潰れている根も取り除いてあげましょう。

5 土を入れる
土は常に良質なものを選ぶようにしましょう。

6 土を入れる
株元と同じ高さまで土を入れます。その際に鉢の土を強く押しつけないように。酸素が土の中をうまく循環するように、ゆるく通気性のよい状態を保つことが大切です。鉢の外に水が溢れないように、鉢のふちの土は1cm以上空けておくと水やりがしやすくなります。

7 水やり
土全体が湿るように、鉢全体に水を与えます。鉢のふちに沿って水やりをすると均等に水が行き渡ります。(植物の付け根部分に直接水をかけるのはあまりよくないため、鉢のふちに沿って水やりを行いましょう)この後はしばらく水やりの必要はありません。土の感触や鉢の重みを感じながら、乾いたタイミングで水やりを行っていきましょう。最初の水やりから3-4週間後に、水に栄養分を加え始めましょう。

観葉植物用ミストをスプレーすることでも栄養を加えることができます♪

Recommend

2024/2/22

Column

観葉植物を育てる

最近ではお部屋のインテリアとして欠かせないアイテム、観葉植物。お部屋の中に緑があるだけで癒しを与えてくれます。観葉植物と一言で言ってもサイズ感や適した環境などは植物によって様々。お部屋の雰囲気に合わせてどんな植物がこのスペースには合うか、メンテナンスはどの程度必要か、考えながら選ぶ必要があるかと思いますので、今回は観葉植物選びのヒントとなるような情報をご紹介していきます。

スペースの確保

日当たりがいいところを好む観葉植物が多いですが、直射日光が当たってしまうと葉焼けなどの原因になります。レースカーテン越しの窓際などにスペースを設けると観葉植物はすくすく育ってくれそうです。リビングの角、ソファの横には大きめの観葉植物、例えばモンステラ、フィカスウンベラータ、ドラセナなどが育てやすくおすすめです。窓辺や棚の上に置くようなお部屋のアクセントには小さめの観葉植物、例えばガジュマル、グリーンネックレス、シェフレラなどがおすすめです。

お手入れ

水やり方法は多くの観葉植物は土の表面が乾いたら、底穴から水が出るくらいまでたっぷりあげてください。定期的に霧吹きで葉水をすることで乾燥を防いだり、葉ダニの予防になります。また、多くの観葉植物は寒さに弱いため寒さ対策が必要になることもあります。もし選んだ植物が寒さに弱い種類であれば、適度にエアコンを入れてあげたり、マルチング(ウッドチップ、ココヤシファイバーなど)を敷いてあげたりして冬を乗り切りましょう。

剪定と植え替え

成長してくるとどうしても枝や葉が密集して、日に当たりづらい部分がでてきてしまします。風通しをよくするためにも適度に剪定をしましょう。枝や葉の成長は目に見えやすいですが、鉢の中にいる根っこも成長しています。新しい芽が出てきづらかったり、水をあげた時になかなかしみこんでいきづらかったりするときは根づまりをおこしている合図かもしれません。春から秋の暖かい時期に大きい鉢に植え替えてあげるか、株分けをしてあげましょう。

Recommend

2024/2/16

Column

ガーデニングツールのお手入れ

2月のこの時期は春のガーデニングシーズンに向けての最終準備期間ですね。3月に向けて忘れていることはないかなと考えていると、去年の最後にハサミを使った時にはさみの切れ味が少し悪くなっていたな、とふと思い出しました。はさみだけでなく使い終わったあとのお手入れは長く使うためには定期的に行うことがマスト。春に向けてツールのお手入れをしていきます。

使った後の毎日のお手入れ

良いガーデニング道具は、仕事を楽しくしてくれます。そんな道具を長く愛用するためにも、道具のお手入れを日課にするのがおすすめです。難しい場合は、季節ごとに点検をしていくと良いでしょう。

<長持ちするためのポイント>
・道具を外に放置しないようにしましょう。そのまま放置してしまうと、金属部分の錆や、木製部分のひび割れや腐敗、プラスチック製品は劣化に繋がります。
・ステンレス製のシャベルやハサミなどのガーデニングツールは使い終わったら汚れを落としましょう。簡単に落ちる土汚れなどは乾拭きをするか、硬く絞ったふきん等で水拭きをします。汚れがひどいときには水で洗い流したあとに乾拭きをしてください。
・剪定で使用したはさみは、使用した際についた植物のゴミや水分などの汚れをとった後、薄く油を塗って保管しましょう。

シャープナーを使う

はさみやナイフの切れ味が悪くなってきたら、シャープナーの出番。刃の真ん中から先にかけて、シャープナーでくるくるなでるように研いでいきます。(刃に対して30度くらいの角度で研ぐと、研ぎ易いです) しばらく研いでいると刃が整ってきます。実際に切ってみて切れ味を確かめてみると、研ぐ前の切れ味との違いにびっくりするほど。
よく使用する剪定ばさみについては1年に1回は刃を研いで油を塗ってお手入れをしてあげるのがおすすめです。切れ味の悪い剪定ばさみで剪定を行うと、植物への負担が増してしまう事もあるので、剪定ばさみはなるべく切れ味のいい状態で保ってあげてください。

コラムで紹介したシャープナーはコンパクトなデザインなので、剪定ばさみだけでなく文具としてのはさみにも使えます。手頃なサイズのシャープナーは常備しておきたいアイテムですね。



Recommend

2024/1/24

Column

Alla hjärtans dag
Message from LENA

スウェーデンのバレンタインデーはAlla hjärtans dag(すべてがハートの日)と呼ばれています。世界中の国々と同じように2月14日にお祝いをしますが、スウェーデンは他の国とはちょっと変わっていて、伝統的な風習と世界的に流行しているロマンティックな風習がミックスされたようなものになっています。

Alla hjärtans dagはただ単にパートナーや恋人の為だけでなく、友達や家族にも愛を伝える日となっています。
スウェーデンのカルチャーはよく、シンプルさと実直さとして認識されていますので、大げさな表現の代わりに思慮深く、意味の深い表現方法で愛を伝えます。個人たちだけでわかるサインや、手紙、そして一日かけてお互いの興味がある場所を巡ったりすることで、愛を伝えあっています。
Alla hjärtans dagはまた、他の国と同じように花束をプレゼントしたりもしますが、多くの場合、ハンドメイドで作るチョコやアクセサリー、その他の手作りの贈り物を渡して、より自分の気持ちを伝えています。
ここスウェーデンのWexthuset(ヴェクスセット)でもバレンタインデーに種を送る人が多く、たくさん注文が入ります。ちょうどトマトの種を植えるのに絶好の時期なので。

私も、バレンタインデーは2人の息子と娘、その家族と素敵な食事をして、孫たちと遊んですごしています。

(以下、英文)
Valentine's Day is called "Alla hjärtans dag" (All hearts day) in Sweden and is celebrated 14th of February as in rest of the world. However, the Swedish approach to Valentine's Day is characterized by a blend of traditional customs and modern romantic gestures. Alla hjärtans dag is not just a celebration for romantic partners but also a day to express love and appreciation for friends and family.
The Swedish culture places a significant emphasis on simplicity and sincerity. Instead of extravagant gestures, many Swedes appreciate more thoughtful and meaningful expressions of love. Personalized gestures, handwritten notes, or planning a day around shared interests are often valued over grandiose displays.
I belive that Alla hjärtans dag is celebrated much in the same way as everywhere with gifts like flowers, but also more personalized gifts, such as chocolates, jewelry, or handmade items, to convey their feelings.
Here at Wexthuset we provide a set of seeds especially before Valentine Day saying this is the perfect period to start your tomato seedlings.
I will spend Valentine’s Day with my two sons, my daughter and their families enjoying nice food and playing with the children.

ヴェクスセットジャパンでも期間限定デザインのラッピングサービスを実施しています。スウェーデン語で”Tack”(ありがとう)と書かれた、どんなシチュエーションの贈り物にもご利用いただけるデザインになっていますので、ぜひご活用ください。
また2月14日まで、お好きな文字や名前をツールに刻印することができる「レーザー刻印」が無料でサービスを受けられるキャンペーンも行なっています。バレンタインデーやホワイトデーにギフトを贈る際にはぜひご利用くださいませ。

Recommend

2024/1/19

Column

「絹糸のような散水」をつくり出すHAWS

ヴェクスセットでも人気のブランド「HAWS(ホーズ)」
100年以上続くジョウロの老舗ブランドとして世界のガーデナーから愛されています。 今回のコラムでは、もっとたくさんの方にホーズの魅力をお伝えしたいと思い、ご紹介させていただきます。

about HAWS?

1886年John Haws(ジョン・ホーズ)により英国で創業されました。 ジョン・ホーズは元々園芸家でもあり、現在も当時とほとんど変わることなく製造されているジョウロを発明した人物です。 彼が作ったジョウロはすぐに一流の園芸家の間で人気となり、賞なども受賞し、高い品質に対する評判を確立しました。 しかし1913年に初めて開催されたチェルシー・フラワー・ショーに招待される前に、ジョン・ホーズはこの世を去ってしまいます。
その後、ジョン・ホーズの甥にあたるArthur Haws(アーサー・ホーズ)が、ブランドを引き継ぐことになります。 品質へのこだわりが強かったアーサー・ホーズは完璧なジョウロ製作へ執念を燃やし、細部までこだわったものづくりで、安価なレプリカとの競争にも負けず、ブランドの名声を維持していきます。
製品へのこだわりは創業からずっと変わることなく、現代へと続いています。 現在のホーズは、こだわった製品づくりだけでなく、環境に優しいパッケージの導入、森林回復プロジェクトの支援、「1% for the Planet」のメンバーとして、積極的に環境問題にも取り組んでいます。

ものづくりへのこだわり

ホーズの金属製のジョウロは英国・ウェスト・ミッドランズ州スメスウィックにあるホーズの工房でつくられています。 職人さんの熟練の手作業で一つ一つ丁寧につくられている金属製のジョウロは、200以上の工程を経て出来上がります。
品質と持続可能性を考え、厳選した地元の材料を使用し完成する金属製のジョウロは、耐久性はもちろんのこと、保証もしっかりついています。 お手入れ次第では、家族の何世代にもわたって受け継いでいける製品でもあり、そのことこそがホーズの魅力でもあります。

シーンに合わせて選ぶホーズの製品

ホーズの屋外向けジョウロは、水を入れる上部の開口部が高く、小さく設計されているため、目的地に到達するまでに水を溢しにくい設計になっています。 筒部分が長いデザインのジョウロは、ハンギングバスケットなどの高い場所へ水をやるときに足に水がかかるのを防ぎ、手の届きにくい場所への水やりを可能にしてくれます。

ホーズの室内向けの製品には、優雅なカーブが優しい流水を生み、しぶきを抑えた散水を可能にするジョウロ、そしてホーズの代名詞とも言える「絹糸のような散水」を可能にするメタルインドアシリーズが挙げられます。

ジョウロだけでなく、観葉植物や多肉植物の湿度管理に最適なミストスプレーや、シンプルだけどどこか存在感があり、でもエレガントすぎないカジュアルさも持ち合わせているジャグシリーズなどがあります。

どれもお部屋に馴染みやすいシンプルなデザインな上にインテリアとしても映えるものばかりなので、使用していない時も飾って楽しめるのも人気を呼ぶ理由の一つです。

Recommend

2023/12/11

Column

Lucia celebrations in sweden
Message from LENA

徐々に日が短くなり、日中もその大半が薄いグレーの霧がかかっています。
11月は皆さんも同じかもしれませんが、早く過ぎ去ってくれないかなと思う月です。そして12月になればすべてが打って変わって、1stアドベントも始まり、生き生きとした日々が戻ってきます。おそらく日本ではあまりなじみは無いと思いますが、クリスマスアドベントはスカンジナビア人にとって、とても重要なクリスマスの行事の一つです。

アドベントは教会歴のスタートの日で、そこからクリスマスまで続いていきます。アドベントの語源はラテン語の"adventus"で到着や到来を意味します。アドベントは最後の4週で行われ、11月30日に最も近い日曜日にスタートします。もし11月30日が遠い場合は12月2日に近い日曜日が選ばれます。
アドベント期間は、キリスト教徒はキリスト生誕のクリスマスの準備を行っていきます。アドベントはキリスト教徒には期待、希望、そして準備という意味合いを持っています。多くの人はアドベントをキャンドルのライティングで祝っていきます。また、アドベントカレンダーとリースを用意して、クリスマスイブ迄をカウントダウンしていきます。

アドベントは元来特定のカトリックの宗派と一部のプロテスタントの行事で、全てのキリスト教徒が同じように行うわけではなく、その意味や行事の形は宗派や文化によっても様々です。 さて、そんなアドベントに一回目が訪れると、多くの人たちはキャンドルに火をともし始め、屋外、屋内さまざまなところで景色が一変します。
それは薄暗い霧で包まれた11月とは打ってかわって。そして、そのあとには多くの人たちがルシアを待ち焦がれるようになります。彼女が光をたたえた王冠をもってやってくるのを。

ルシア祭はスウェーデンをはじめとする北欧諸国の伝統的なお祝い事で、毎年12月13日に行われます。主役は聖ルシアで、ローマ時代に生きていたとされています。その聖ルシアに様々な民間信仰やおとぎ話が加わって、美と光の象徴となる祝い事となってきました。
ルシア祭の間、ルシア役になった若い女性は、白いガウンをまとい、赤い帯をつけ、ライトのともった王冠を頭に載せます。王冠は本物のろうそくか電気式のものでライトアップされています。他の祭りの参加者はメイドやスターボーイと呼ばれ、皆白い衣装を着て、メイドはろうそくや星を運ぶかかりとなります。
そして、聖ルシアは歌を歌いながら様々な場所をめぐります。学校、職場、介護施設など人々が集まる場所です。ルシア祭の間に歌われる歌で一番有名なのは、「SANTA LUCIA」です。そしてルシア祭はライトを持ち寄って行われ、暗く長い冬にライトを灯していくといった意味合いを強く持っています。そして、この歌や、コミュニティや光のイルミネーションはスウェーデンの文化の色こく反映する行事となっています。

(以下、英文)
When the days are getting darker you days outside are more or less turned into a grey fog. November is by I believe everyone I know considered as the month everyone just like to be over, so we turn into December. Then everything changes. Or to be more accurate, when the 1st of Advent is coming, then life returns.
I am not sure how much Advent is celebrated in Japan. Here in Sweden, and I would say Scandinavia overall this is an important part of the tradition of Christmas.
Advent is a period that marks the beginning of the Christian liturgical year and leads up to Christmas. The word "advent" comes from the Latin word "adventus," meaning arrival or coming. Advent usually lasts for four weeks, beginning on the Sunday closest to November 30, or if there is none, on the Sunday closest to December 2.
During the Advent season, Christians prepare to celebrate the birth of Jesus on Christmas Day. Traditionally, Advent signifies a time of anticipation, hope, and preparation. Many Christians celebrate Advent by lighting a new candle on an Advent wreath each Sunday leading up to Christmas. There are also Advent calendars and wreaths used to count down the days until Christmas Eve.
Advent is particularly significant in certain Christian traditions and churches, such as the Catholic Church and some Protestant denominations. However, it's worth noting that not all Christians observe Advent, and its significance can vary among different branches of Christianity and across cultures.
Beginning of 1th Advent most people are putting up their Christmas lighting outdoors and indoors making the landscape turn into something completely different than the November grey fog. After that everyone is waiting for Lucia sho is coming with a crown of light on her head.
Lucia is a traditional celebration observed in Sweden and some other Nordic countries on December 13th each year. The celebration honors the saint Lucia, believed to have lived during Roman times. The observance has its roots in various traditions and folklore, evolving into a beautiful and luminous ceremony.
During the Lucia celebration, a young woman, known as Lucia, dresses in a white gown, a red sash, and wears a crown of lights on her head. The crown is often adorned with either real candles or electric lights. Other participants in the procession, called maids and star boys, also dress in white attire, with maids often carrying candles or stars.
Lucia's entourage visits various places, such as schools, workplaces, and nursing homes, singing Lucia songs. One of the most well-known songs sung during the Lucia celebration is "Sankta Lucia." The celebration is often associated with light and symbolizes the increasing light during the dark winter period. It is a tradition that reflects community, song, and light in Swedish culture.

2023/12/04

Column

大切な人への
クリスマスギフト

12月に入り、普段なかなか会えない人と顔を合わせる機会が目白押しの方も多いのではないでしょうか。そんなときに悩むのがクリスマスギフト。あの人にはこんなのが喜ばれるかな、と喜ぶ顔を想像しながらスマートフォンであれこれと調べてみたり、お店に出向いてみたりするのはとても楽しい時間です。ガーデニングやグリーン、自然が好きなあの人に、オリジナリティ溢れるこんなプレゼントはいかがですか?

唯一無二のガーデニングツール

世界各国のガーデナーから選ばれている園芸用具・農具を扱うイギリスブランド、Kent&Stowe。日常的に使うスコップやフォークから、見た目には珍しい除草や植込み専用のツール、それぞれの細かい用途に合わせた沢山のアイテムがあります。ツールの多くはハンドル部分が木製で、一つ一つ風合いが異なり唯一無二のデザイン。
さらにヴェクスセットでは、木製ハンドルのツールを対象にレーザー彫刻サービスをスタートいたしました!また、期間限定にて無料で彫刻ができるキャンペーンを行っています。プレゼントする方のお名前をいれたり、結婚のお祝いには入籍日をいれてみたり、刻印する文字にも悩みながら…。時間をかけて選んだものは喜んでもらえること間違いなしです。ぜひこの機会に彫刻サービスをご活用ください。

クリスマス限定ラッピング

選べるギフトラッピングがスタートしました!3種類からお好みのラッピング方法をお選びいただけます。袋や箱にリボンをお付けするものと、ギフトボックスに入れて包装紙とメッセージペーパーをおかけしたもの、またボックスに包装紙と熨斗をおかけする3パターンをご用意しました。(サイズが大きくラッピング対応が難しいものもありますので、あらかじめご了承くださいませ)
メッセージペーパーと熨斗の文はご用途にあわせてお選びいただけ、また12月25日までクリスマス限定バージョンも登場していますので、ぜひご利用ください。普段頑張っている自分へのご褒美にも素敵なラッピングをすれば、きっと気分を高めてくれます。ぜひ楽しみにお届けをお待ちください!

Recommend

ヴェクスセットではギフトにおすすめの商品を多数ご用意しておりますので、ぜひチェックしてみてください。
おすすめギフトはこちら

2023/11/17

Column

ドライフラワーで
リースづくり

11月に入り、町はすっかりクリスマスムード。きらきらしたものやイルミネーションは見ているだけでウキウキした気持ちにさせてくれます。自宅にもツリーを飾ってみたい!とは思いつつ、なかなか置き場所や片づけを考えると踏み切れない…という方も多いはず!
ツリーとまではいかなくとも、気軽にリースを作ってみませんか?今回はいただきもののブーケをドライフラワーにして、簡単にできるリースづくりに挑戦してみました。

まずはドライフラワーづくり。かわいいブーケをすぐにドライにしてしまうのはもったいないですが、長く楽しめるようドライにしていきます。
ブーケを適当な量に分けて、逆さにして吊るしていきます。吊るして乾かしている段階でもインテリアになってしまうのがドライフラワーのいいところですよね。

お花がしっかり乾いたら本題のリースづくり。今回はお手軽に、紙ひもをベースに土台を作っていきます。紙ひもを箱などにくくりつけながら輪っかをつくり、リース状にしていきます。今回はつるも少しまぜて、つるで作ったようなリアル感を出してみました。

そこにドライフラワーを差し込むように飾りつけ、差し込みにくいところはグルーガンや細めのワイヤーを使用して飾りつけ。今回はドライフラワーだけでなく、近所でとってきたすすきも飾りに取り入れてみました。

バランスを見ながらどんどん飾り付けをしていけば、完成!クリスマスだけでなく、通年飾っておけそう。

「クリスマスに飾る」というイメージが強いリースですが、幸せを運ぶ、豊作祈願など様々な意味が込められているようです。みなさんもリースを作りながら、来年のガーデニング、家庭菜園の豊作を願ってみてはいかがでしょうか。

Recommend

2023/10/27

Column

大型ガーデニングフォーク

もうすぐ11月。秋に収穫した野菜や一年草の後始末は寒さが本格化する前にやっておきたいですよね。植物たちの根っこの後始末にも便利で、持っていると大活躍してくれる大型のガーデニングフォーク「Digging Fork」。例年ガーデニングシーズン終わりの11月頃からこちらのディギングフォークのご注文が増えています。
皆さんどのように使っているのでしょうか。以前のコラムでもガーデンフォークについて記事にしましたが、主に柄の短いハンドフォークをメインにご紹介しました。今回は大型フォークが特に適している使い方をご紹介します。

土を掘る・耕す

少し硬くなってしまった土にも、水分の多い重たい土にも、フォークの隙間が土の抵抗を減らしてくれるので、シャベルよりも少ない力で掘ることができます。身体全体を使って掘り起こせるのも大型フォークならではのポイント。そしてフォークの隙間で空気を含みながら耕せるので、しっかりと根が張れる、柔らかい土づくりにも適しています。
ただ、大きな木の根を掘り起こすような時は、フォークの先端に負担がかかりすぎるので、シャベルを使っていただくことをおすすめします。

収穫する

しつこい雑草も、テコの原理で根っこから取り除くことが出来ます。除草をしながら、同時に土を耕すこともできるのでとても効率的です。また、しゃがみ込む必要がないので腰の負担が少ないのも大型フォークのいいところです。

ジャガイモなどのイモ類を収穫するときによく使われていて、農家さんの大型のフォークはこちらの使い方がメインなようです。
そして収穫が終わると、サツマイモのツルを集めて処分をするのにもぴったりで、お芋系の栽培には欠かせない便利なツールです。
11月以降の注文が増えるのはこの収穫と後始末の用途かな?と思っています。

フォークを使いこなせるようになると作業の幅が広がって、ガーデニングをもっと楽しめそうです。
ヴェクスセットでは扱いやすいミディアムサイズの「Border Hand Fork」軽量モデルの「Digging Fork Garden Life」と、ヘッド部分も大きくしっかり掘れる「Stainless Steel Border Fork」をご用意しています。是非チェックしてみてください。

Recommend

2023/10/18

Column

Fall in Sweden
Message from LENA

スウェーデンにも秋がやってきました。スウェーデンは南北に1600劼板垢、特に春と秋は南北でかなり気候が違っています。南部ではようやく霜が降りる予報となっていますが、北部ではすでに先月から霜が降り初雪を観測しています。

多くの植物は寒さに弱く、この時期は植物を霜から守るため大忙しです。寒さに弱い植物は大小かかわらず、霜がつかない環境を整える必要があり、時には植物用ライトを使って自然環境に近い状態に保つ工夫をしています。

この週末に私は自宅の温室の整理をして、越冬の準備をしました。庭や露地で育っていた植物たちは、私の温室での新しい生活が始まります。それでもまだまだ追い付かず、新しい棚を追加して植物の為の場所を作っています。

そして今朝、今年初霜を私の庭でも確認しました。私の予想はぴったりで、準備した温室へとどんどんと植物を運び込み、ヒーターの電源を入れて、温室内の温度を0度以下にならないようにコントロールします。

そんな越冬準備を終えた今、私の庭は紅葉で染まっています。大きな木だけなく、植木鉢やプランターの植物も色づき、素敵な光景を見ることができます。

多くの人々はすでにハロウィーンの準備を終えていて、カービングされたかぼちゃが、玄関ドアのポーチに並びます。庭先にはランタンが灯され、とてもCOZYな雰囲気が住宅地に流れます。

ハロウィーンの風習は北欧では最近入ってきたものですが、ここ10年で年々盛り上がってきており、今は多くの人がハロウィーンを行うようになっています。私はかぼちゃのスープとかぼちゃの実と種を練り込んだパンが好きで、そのパンがベーカリーに並ぶのを楽しみにしています。

そんな冬支度の一方で、まだまだキッチンではハーブなどが元気に育っており、秋物の花もお庭に咲き誇っています。それらを摘んできて室内に活けるのが、だんだんと室内で過ごす時間が長くなってくる秋の過ごし方です。

窓際ではベビーリーフとスプラウトを育てていて、庭で収穫された野菜のシチューに添えて楽しんでします。この時期はまた、栽培日記を更新するタイミングでもあって、どの種をまた蒔こうか、これはやめて、やっぱりこっちにして、とあれこれ来年の計画を立てています。

ガーデニング好きにはこうして霜が降り、オフシーズンが近づいてもあれこれ楽しんで忙しくするものでしょう!

(以下、英文)
The fall has arrived. Our country is quite long, stretching 1600 km from north to south. This makes the climate very different between North to South especially in spring and fall. Our northern region has had frost and the first snow already a month ago, while southern part just had or will have frost during the comping week.
Many of the plants we grow needs protection from the cold ant that make this a busy period of the year, removing all of these plants away from the frost.
Large and small plants that needs to be overwintered in a frost-free environment, sometimes also using a plant lamp to provide as natural situation as possible for the plant as where it normally grows can be a challenge.
This weekend I cleaned my greenhouse to prepare for the overwintering. As many new plants has found their way to me. I also had to build some more shelves to make room for them all.
This morning was the first small strike of frost, so this was a real good timing. Now everything tender needs to go inside. And shortly I will activate the heating fan to keep the temperature above zero degrees in the greenhouse. Now the garden changes in color, but also in pots and planters. Many people are already preparing for Halloween celebrations that take place in the en of October by placing carved and natural pumpkins on the doorsteps. Lanterns are lightened at dawn, and we move into “cozy-mood” with candlelight and blankets.
The celebration of Halloween has not a long history in Scandinavia. It has grown year by year since about 10 years only, but it is quite popular to many. I love pumpkin soup and love bread with pumpkin meat strolled with seeds, so I really look forward to some fall baking.
I still grow some greens in my kitchen garden and there are a lot of flowers still in the garden that I pick and enjoy indoors now when more time is spent inside. I grow baby leaf and sprouts inside on my windowsills that adds to all the nice stews cooked on vegetables harvested in my garden.
In this period, I also update my diary with information about how my sowing and growing has been progressed. What to sow again, what I may not like to have again and also starting to make up some plans for my kitchen garden for next year.
For the gardening fan, there is always something to do, even if there is frost or winter outside.

2023/10/13

Column

Welcome Back To Tokyo
2023

先日、スウェーデン商工会議所(SCCJ)主催のウェルカムバック to 東京2023に行ってきました。イベントは東京アメリカンクラブで行われ、美味しい食事とスウェーデンのクラフトビールを味わいながら、スウェーデン大使のお話を聞いたり、スウェーデンに関係のある企業の方々と楽しい雑談をしてきました。

コロナが落ち着き、久々に安心して集まれるイベントということで、多くのSCCJ会員の方々が参加されていて、今回はオーディオ機器関係にお務めのスウェーデン人の方々とテーブルをご一緒させていただきました。とてもお話ししやすく、気さくにお話しできました。

その中で彼らがスウェーデン人のソウルフードだと言う、「ケバブピザ」を教えていただきました。でも、スウェーデンを何度も訪れているヴェクスセットの社長も「何それ?」といったご様子。

見せてくれたピザの画像には、生地一面にお肉が敷かれ、上から白いソースがかかっていて、とても美味しそう。よく聞いてみると、どうやら男性好みのファストフード的な料理で、さらにフライドポテトまで乗せたバージョンがあるんだそうです。

森の写真を待受け画像にしていたスウェーデン人女性の方は「知っているけど食べたことがないわ。」と笑っていました。とてもお腹に溜まりそうな料理。是非ともいつか、感想をお届けできればいいなと思います。

2023/10/6

Column

家族で週末ガーデニング

ガーデニングや畑作業はひとりで黙々と作業したり、音楽やラジオを聴きながら作業したり、とっておきの自分時間です。でもなかなかそういった時間を作るのは難しい。家族や小さなお子さんがいるとなおのこと、日々やることがいっぱいで諦めがちになってしまいます。今回のコラムではそんな方にも楽しく、手軽に、家族でガーデニングを楽しめるアイテムをご紹介します。

日々の暮らしの中に趣味の時間を作るのは意外と大変です。家族や小さなお子さまがいらっしゃる方や、日々の仕事や家の仕事でなかなか手が回らないなど、理由は様々だと思います。でも実際やってみると”そんなに手間じゃなかった!”ということもしばしば。単純なことでも、始めるまでのハードルが高いことって色々な場面でありますよね。

ガーデニングもそのひとつで、始めるまでのハードルが高い気がしています。準備や、後々の片付けのことを考えると、ついつい諦めがちになってしまいます。そうなると、この先できるのって何年後になるのだろう...と気が遠くなりますよね。

そこでおすすめしたいのが、キッズトロリーを使った週末ガーデニング。キッズトロリーは台の上で作業をするので、お庭に限らずベランダなどのコンパクトな空間でも散らからず作業いただくことができます。

なんと言ってもトロリーの高さが小さなお子さまでも作業しやすい高さになっているので、家族で一緒に楽しめます。

タネをまいたり、秋の時期だと球根を植えたりして、来年の春先に咲くお花の成長を一緒に見守るのもいいですね。きっと毎朝の水やりなども楽しいひと時になると思います。

そして少し年齢が高くなると、大人と同じ物を使いたくなるお年頃。ヴェクスセットでは、大人のデザインそのままをキッズサイズにしたツールも取り扱っています。

キッズサイズといっても、お子さまだけでなく、手の小さい方や狭い場所の作業などにも使い勝手がいいので、大人の方も共有してお使いいただけます。

準備するのが大変と感じる方も、ヴェクスセットオンラインストアでは、道具だけでなく土なども揃えられるので、手軽に始めることができますよ。

外で作業がしやすくなった今の季節に、家族で週末ガーデニングをはじめてみるのはいかがですか?ぜひためしてみてくださいね。



    

Recommend

2023/9/25

Column

大型ばさみで秋の庭仕事

夏の暑さも少し落ち着き、夏に成長した植木の剪定や刈り込み、お庭仕事を考えている方も多いのではないでしょうか。植木や樹の剪定には空気の通り道をつくってあげたり、日当たりをよくして成長を促してあげたり、見た目を整えたり、とたくさんの意味があります。 先日のコラム では片手で使う小型ばさみをご紹介しましたが、今回は大型ばさみを主役に、用途ごとにはさみの種類をご紹介します。

植木の刈り込み

背の低い植木の刈り込みには、 Hedge Shears8,Garden life 。サイズがコンパクトなので腰くらいの高さの植木の刈り込みがとても便利です。一方で背の高い植木には、 Telescopic Hedge Shears 。4段階に長さの調節ができるため自分よりも背の高い植木でもサクサクと刃を入れてくれます。

樹の剪定

果物の木やバラの木、ご自宅のシンボルツリーなど、太さがある生木には Bypass Loppers 。40mmまでの生木を切ることができます。切れ味がいいので女性でも使いやすく、断面がとても綺麗に切れます。

枯れ木の処理

枯れ木の処理や薪づくりには Telescopic Geared Anvil Loppers 。こちらは5段階に柄の長さが調節できるので背の高い太めの木を切るのはもちろんですが、枯れ木の後処理として地面に置いた木をご自身の身長に合わせて切ることも可能です。刃を開くのは少し大変になりますが、柄を少し長めにセットすることで、てこの原理を利用して、力をかけずに切ることができます。45mmの枝まで切ることができる優れものです。枯れ枝を自分の好きな長さにカットすれば、インテリアとしても楽しむことができます。

芝の刈り込み

芝の刈り込みには Lawn Shears 。芝刈り機が入れないところ、芝刈り機で刈り込んだ後のお庭の角、飛び石と芝の隙間など、細かい部分の刈り込みにとても便利です。柄が長いので、腰の負担なく刈ることができるのもポイントです。

最後に

大型ばさみ、小型ばさみともに、使った後にはお手入れが必須です。よごれを落とした後、刃物用の油を布巾などに少し取って、刃の部分を拭いてあげます。そうすることで刃に膜ができるので潤滑剤のような働きをしてくれ、切れ味も長持ちします。お気に入りのアイテムはお手入れも楽しみつつ、愛着を持って長く使いたいですね。
※商品イメージの一部にはカラー等の仕様が異なることがあります。



    

Recommend

2023/9/11

Column

ガーデニンググローブ

外での作業には手仕事がつきもの。棘や凹凸のある物を持ったり、よく切れるナイフで切ったり、土のついた道具を使ったり。ガーデニンググローブを使うことでそれらの作業から手を守り、作業負担を軽減できるかもしれません。ただの軍手ではなく、なぜガーデニンググローブなのか。スタッフ一押しのグローブでお伝えします。

荷物を運ぶ時に手袋をすれば、手の平への食い込みを防ぐことができます。でも軍手だと滑って危ない。そこで革製の手袋をおすすめします。イギリスのガーデニングツールブランド「Kent&Stowe」のやわらかい牛革100%の手袋は、程よい厚みがあって重い物を持つときや、道具を握って作業するのにはぴったりです。手袋の入れ口部分は締め付けが無く、サッと脱着がしやすいので、作業中に手袋を外すのも苦になりません。

正直、グローブをはめると細かい作業がしにくいという場面があります。Water Resistant Glovesは使えば使うほどしなやかになり、小さな雑草の草むしりや寄せ植え時の細かい土いじり作業でもとても良い相棒になってくれます。また耐水加工が施されているため、植付けをした後、そのままじょうろを持って水やりをしても、軍手のようにすぐに手袋の中が濡れてしまうことはありません。

何より土がついて汚れた部分にもあじがあり、長く使うことのできる革製のグローブは、何度も新しい軍手に変えるよりも使っていて気分が良いものです。
ガーデニングだけでなく、普段の運び作業やアウトドアにもぜひ活用してほしい、おすすめの商品です。

Recommend

2023/8/21

Column

剪定ばさみの選び方

庭木の剪定時期は冬季と夏季と言われていますが、バラや植物によっては剪定時期が異なります。そして剪定時に必ず必要になるのが剪定ばさみ。剪定ばさみといっても色々な形状や用途があり、どれを選んでいいのか迷ってしまう方も多いはず。選ぶ際のポイントとなるサイズや重さ・切れ味に注目して、3種類の剪定ばさみをご紹介します。

ヴェクスセットで取り扱う剪定バサミは大きく分けて2種類あります。生木用の剪定ばさみ(Bypass)と枯れ木用の剪定ばさみ(Anvil)。生木用と枯れ木用では刃の形が異なるので、用途によって使い分けた方が刃などのトラブルが起きにくく、長くご愛用いただけます。

 

選ぶポイント 屮汽ぅ此

自分の手の大きさに合ったものを選ぶのが大切なポイント。手のひらを広げて指先から手首くらいのサイズか、やや大きめがちょうどいいと言われています。小さすぎても使いにくく、大きすぎても力が入らなかったりするので、選ぶ際に自分の手のひらのサイズと、剪定ばさみの全長を確認してください。

ただヴェクスセットで取り扱う剪定ばさみは、イギリスのガーデニングツールブランド・Kent&Stoweのものが多く、剪定ばさみによっては少し大きく感じることもあります。ですが、 Eversharp Bypass SecateursProfessional Bypass Secateurs はハンドルの開き具合をを簡単に調整できるため、サイズが合わないからと諦めないでくださいね。開き具合を調整できる剪定ばさみだと、手のサイズ関係なく家族内でも共有することもできます。

   

選ぶポイント◆崕杜漫

使用時間が長ければ長いほど、重さが重要になってきます。重さは3つとも大きな差がなく、300〜305g。小ぶりのりんごくらいの重さになります。

    

選ぶポイント「切れ味」

刃の素材は異なりますが、どれも切れ味は抜群。3つの中では特に、下記画像の真ん中と右の剪定ばさみが、力を入れなくてもサクッとカットすることができます。切断直径が剪定ばさみごとに決められているため、剪定したい植物の茎の幅を事前に調べておくと選ぶときのヒントになります。

選ぶポイントぁ屮丱諭

剪定ばさみで使用されるバネはV字型やコイル型、ムシバネなどがあります。当店で取り扱う剪定ばさみは主に、コイル型やムシばね。使用感には個人差がありますが、コイル型のバネの方がバネの力強さがあり、ムシバネの方が滑らかな印象です。

選ぶポイントァ嵳き手」

利き手関係なく使えるのは Eversharp Bypass Secateurs 。右利きだけでなく左利きにも適したユニバーサルデザインです。加えて親指で簡単に操作できるセーフティロック付きなので、片方の手が塞がっていても、簡単に刃をロックすることができます。

さらにコンパクトなサイズをお求めの方は、 Bypass Secateurs 6.5 Garden Lifeや (ガーデニング剪定ばさみ 軽量モデル 10mm)がお勧めです。こちらはご紹介した3種類と比べ、全長が170mmで一番コンパクト。手が小さい方にもちょうどいいサイズ感です。

Recommend

2023/7/27

Column

kräftskiva
ザリガニパーティー

スウェーデンの8月といえば、この伝統行事は欠かせません。スウェーデンではかつてザリガニ漁をしてもいい期間が決められていました。その解禁を祝うため、獲れたザリガニを食べて盛大にお祝いをする「kräftskiva(クレフト・フィーバ)」が始まったそうです。

日本ではなかなか馴染みの少ないザリガニですが、スウェーデンではとても人気の食べ物です。定番の料理方法はディルと一緒に塩茹でする方法。食べるといっても、ザリガニ自体は食べるところが少ないため、ディル風味のスープを味わうような感覚です。味はエビのような淡白な味で、臭みもなく病みつきになります。

 

パーティーではザリガニが描かれたガーランドやナプキンを飾り付けし、エプロンや帽子をかぶるのが定番。そして料理を楽しみながら、みんなで様々な歌を歌います。中でも極め付けは、歌終わりのアクアビット。

アクアビットとはジャガイモが主原料の蒸留酒(スピリッツ)なのですが、スウェーデンの方はアルコール度数が40度近くあるお酒をショットグラスでぐいっと飲むのです。歌い終わるたびに乾杯をするため、さらにパーティーは盛り上がり、もうすぐ終わりを告げる夏を最後まで盛大に楽しみます。

この夏、IKEAでザリガニパーティーが復活したそうです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

2023/7/10

Column

「Lucko」で雑草取り

梅雨が明けると一段と生えやすくなる雑草。Wexthuset Japanで取り扱っている「Lucko」は雑草取りに大活躍するアイテムです。目新しい見た目で使い方がわかりづらいですが、とても優秀なアイテムなので、おすすめしたいポイントをご紹介します。

Luckoの各色の画像

Luckoはスウェーデンで作られた除草ツール。人間工学に基づいてつくられているので、手にフィットして持ちやすく、力が入れやすい作りになっています。両サイドにサイズの違う刈り取り部分がついているので、雑草がたくさんある花壇には広い面で、植物との間などの細かい部分には細い面でピンポイントに雑草をかき取ることができます。隙間に入り込んで刈り取れるので、手での除草が難しい細かい部分の除草にはとても重宝します。

Luckoを使った除草の画像

また、除草だけでなく花壇などの狭い範囲の耕しにも向いています。2つの機能を備えているのが嬉しいポイントです。Luckoを使って、根が張る前にこまめな除草をしましょう!


 

Recommend

Lucko各色の画像

2023/7/6

Column

小さな菜園のある暮らし

自然と共存するスウェーデンでは、植物も暮らしに欠かせないもの。
そんなスウェーデンの暮らしに憧れる方は多いはず。
お庭はもちろん、玄関やリビング、バルコニーにも植物が溶け込んでいます。
そんなスウェーデンの暮らしを再現できる、デザイン性に優れた「Urban Garden Trolley」。
ヨーロッパでも流行っている、タイヤ付きの栽培ワゴンです。
今回は夏野菜を植えてキッチンガーデンを作ってみました!

Trolleyの植込み前の画像

《用意するもの》
Urban Garden Trolley
Trolley専用フェルト
土肥:40L
シャベルorフォーク
ジョウロ
好きな野菜、ハーブの苗

土肥の画像

Trolley専用のフェルトを一度地面に置き、高さ3~4cmくらいまで土肥を入れておきます。

土肥をTrolleyに入れる様子

そのまま持ち上げて、Trolleyにセットし残りの土肥を8分目くらいまで入れます。

野菜を植え込む様子

今回植える野菜は「スイスチャード」「トウモロコシ」「カラフルピーマン」「シシトウ」「パセリ」「イタリアンパセリ」「バジル」。 バランスを見て植える場所を決めたら、植え込みスタート。

植え込んだ野菜に水を与える様子

植え込みが終わったら、水が土肥全体に行きわたるようにジョウロでたっぷり水やりをします。

Trolleyに植込み完成画像

キッチンガーデン完成!

食卓で作った野菜を楽しむ画像

お庭で育てた野菜を収穫して、サラダやパンに添えてそのまま食卓に。
自分で育てた野菜やハーブは安心して食べられて、お子様と一緒に栽培すれば食育にもなりますね。

Trolleyの野菜が育っている様子

1ヵ月後、スイスチャードとイタリアンパセリ、バジルなどハーブ類がこんなに増えました!
ししとうも実がなって収穫できるまでに成長。 晴れた日に収穫して、みんなで頂きました。

収穫の様子

採れたてはすごく新鮮で、塩を付けて食べるだけでとても美味しい!
収穫しても、まだまだ採れるので今後の成長もたのしみです。


 

Recommend

2023/7/3

Column

ジョウロのハス口
違いってあるの?

ジョウロを選ぶ時のポイントとして、容量やデザインは重要ですが、他にも選ぶヒントとなるポイントがいくつかあります。そこで今回はハス口に注目して、ヴェクスセットでも人気のイギリス・Haws社のジョウロ5つを比較してみました。

各ジョウロの画像

そもそもハス口って何のこと?

ハス口とは、ジョウロの先に取り付ける散水部分のことをいいます。その形状は、ストレートタイプやシャワータイプ、素材や形などジョウロによって様々です。今回は、シャワータイプのハス口に注目して比較していきます。

丸型金属ハス口の画像
Traditional Watering Can Green, 4.5L
ハス口は丸い形状で口径よりやや幅が広くなるように散水をします。Original Watering Canに付属している楕円型のハス口に比べ、ハス口の穴が少し大きく、優しい中にもしっかりとした水流を作りだします。
楕円型真鍮ハス口の画像
Original Watering Can Green, 4.5L
ハス口は楕円型の形状で弧を描くように散水をします。穴も細かいため、上向きにセットしたときは、広範囲に優しい散水をしてくれます。本体は金属製のため、プラスチック製のジョウロに比べ重量感があると思いきや、実際に満水で持ってみてもバランスがとりやすく、小柄なスタッフでも持ち運びやすかったです。
The Cradley Deluxe Green, 7L
ハス口はOriginal Watering Canと同タイプです。大きな違いは本体の素材がプラスチックなこと。持ち手部分が握りやすいように手に馴染むデザインになっています。
プラスチックと金属の楕円型ハス口
The Cradley Cascader Green, 7L
水が散水される部分のみ真鍮でできており、その他の部分は本体と同じプラスチックでできています。楕円型の形状で、全て真鍮製のハス口よりもやや厚さが薄く、ハス口を上向きにセットしたとき、水の盛り上がりが若干少ない印象でした。金属製に比べ軽量感があるので、ガシガシに使うにはもってこいのジョウロです。
プラスチックと金属の丸型小さめハス口
The Sutton Splash Green, 2L
今回比較したジョウロの中で一番細いハス口タイプです。ハス口の向き(上下)ではあまり変化がなく、どちらも優しい散水をしてくれます。プラントポットやちょっとしたお庭などコンパクトな場所への散水に向いています。散水に張りがあるため水がたれにくい印象でした。
各ジョウロ散水比較画像
今回比較したジョウロを、マップにまとめてみました。ジョウロそれぞれの散水範囲も記載しているので参考にしてみてくださいね。

※マップ内の数値について、上段:上向き時の散水範囲、下段:下向き時の散水範囲で記載しています。
※スタッフ身長160僂、約70僂旅發気ら散水したときの数値です。あくまでも目安の数値となっています。条件によって散水範囲が変わります。

 

Recommend

2023/6/23

Column

夏に向けてのスプリンクラー選び

芝・植物のお手入れや、打ち水による暑さ対策、お子様の水遊びなど スプリンクラーの導入に悩む時期になりました。ヴェクスセットジャパンでは数種類のスプリンクラーをご用意しておりますが、散水範囲やデザインは様々!それぞれ比較をしてみたので、皆さんのお好みのスプリンクラー選びにご活用ください。

犬のデザインの散水機画像

散水範囲で選ぶ

アイテムによって散水範囲が異なります。中でも円形スプリンクラーは種類が多いですが、くるくる回り出す最少範囲はどれくらいだろう?とスタッフの中でも疑問がありました。これまで散水の最大範囲のみの掲載をしておりましたが、最少から最大範囲までを一覧にしてまとめてみました。

※回り出し,光だした時の散水範囲を最小としています。水の勢いや回転軸の具合により多少誤差が出る場合がございます。

機能で選ぶ

上記のように円形に水を撒いてくれるスプリンクラーが当ショップでは多いですが、Multiflo 360°Sprinkler、Monsoon Oscillating Sprinklerの2種類はそれぞれ違った特徴を持っています。


 

 

デザインで選ぶ

FLOWER、DOG、CAT、DRAGONFLY、BUTTERFLY かわいらしいモチーフで思わずビジュアルに惹かれて即決してしまいそう。お子様の水遊びにはお子様の好きな色、動物、虫を選んでもらうのも楽しそう!


 

楽しみ方で選ぶ

芝のお手入れは基本的に午前中の日差しが強くなる前に行いますが、真夏の炎天下が続く日は夕方から夜にもう一度水やりをするのがおすすめです。そんな夜にも楽しく水やりができるのが、Decorative Solar SprinklerとMulti Col LED Sprinkler。光りながら散水をしてくれるので幻想的な空間を作り出してくれます。芝のお手入れのためだけでなく、お庭でのナイトプールも楽しめます。


 

Recommend

2023/6/16

Column

Midsummer in Sweden
Message from LENA

スウェーデンでクリスマスに次ぐ重要なホリデー「Midsummer(夏至祭)」
今の時期になると、スウェーデン人はみなMidsummer(今年は6月23日金曜日)のお祝いに向けてそわそわし始めます。
Midsummerは不思議な夜で、太陽は沈まず、牧場の木陰では妖精たちが踊るそんな日です。 実は地面から立ち上る靄が、妖精たちがダンスしているように見え、それが色々なおとぎ話の原風景となっているようです。  

夕焼け

とても伝統的で、長く親しまれているMidsummerの起源は16世紀中ごろにさかのぼります。
北欧の人々は長い冬から戻った太陽の光と、作物の豊穣を祈ってこのお祭りを始めたそうです。
たき火の周りに集って、たくさん踊ったり、ゲームなどをして騒ぎあうのが、このお祭りの起源のころから変わらない習わしです。

食卓でみんなで食事を楽しむ風景

最も一般的なのが田舎へ家族で出かけ、時に友達たちをたくさん招待してパーティーをします。
食事は一番重要で、たくさんの小皿料理(サーモンやニシンの酢漬け、新じゃがとミートボール等)をテーブルに所狭しと並べて楽しみます。
デザートも忘れずに、アイスクリームやパイとクリームケーキとイチゴは外せないこの季節のスイーツです。

草花のリースをかぶる親子

伝統的な花と白樺の小枝を織り込んだリースは、朝早くから作り始めます。そしてMidsummerの間中かぶって過ごします。

我が家では、私の3人の子供家族が、4人の孫を連れて11時頃に私の家にやってきます。
そしてみんなでリースを作り始め、午後1時頃から食事を始めます。
そして食事がひと段落したら、近所の湖Mälarenに出かけていき、ご近所さんたちとダンスを踊ったり、ケーキを食べたり、また宝くじに挑戦したりとして楽しみます。

是非チャンスがあれば、皆様もこんなスウェーデンのMidsummerを楽しみに来てみてください!

(以下、英文)
Now everybody is looking forward to midsummer that we celebrate this year Friday 23th. The magical night where the sun does not set, the fairies are dancing on the meadows just near the woods.
The mist from the grounds looked like fairies dancing and other mythological beings from that this myth was born.

Looking at historical sources the midsummer festivities is a very old tradition going back to the mid 16th century where the Nordic people celebrated the light and wishes for good growing and crops.

A lot of dancing and cheer with bonfires and games has been an important part since these early days.
Tradition says you travel to the countryside with family, and often also friends are invited. Midsummer is highly associated to nature so therefor this is very common to do. Food is a priority during this day with with lot’s of small dishes like salmon, pickled herring, new potato and meatballs. Pie, ice cream and cream cake with strawberries is more or less a must.

The traditional wreath, woven by flowers and birch twigs are created during the early hours and then worn the whole day giving that special midsummer feeling.

In our family my three children with spouses and four grandchildren arrives about 11AM where we start to make the wreathes. Food is served from 1PM and then we go down towards the lake Mälaren to enjoy our neighbors company, attend some lotteries, eat cake and probably dance a bit. Welcoming the steam ship Mariefred arriving at our leafy dock with more family and friends.

That is midsummer. I hope you will have a chance to experience it sometime.

Lena Ljungquist
WEXTHUSET

2023/6/6

Column

Yellowのバケツトラップ

植物や野菜を育てていると、どうしても悩まされるのが害虫問題ですね。その中でもアブラムシにはいつも悩まされているのではないでしょうか?アブラムシを寄せ付けないための対策を無農薬で行う方法を一つご紹介します。

黄色いトライカンバケツと草花

方法は簡単で、4Lの水に対して10mlのお酢と数滴の食用油を垂らすだけ。今回は三角バケツのトライカンを使用してみました。

トライカンに水とお酢を入れた画像

まずバケツ内側の10のラインまで水を入れます。そこにお酢25mlと食用油を5滴ぐらい入れ、そのまま植物の近くに設置しておくだけ。

お酢のメモリで量った画像

使用する液体は食品類だけなので、捕獲に使用した水はそのまま捨てられます。殺虫剤を使いたくないという方におすすめです。

トライカンにアブラムシが寄ってくる様子

アブラムシは黄色に寄ってくる習性があるようです。その習性を利用した捕獲トラップで、植物への被害を食い止めることができます。注意は一点、アブラムシが植物に付いてしまう前に設置することです。
アブラムシは一度ついてしまうと一気に増えてしまい、とても厄介ですね。なるべく早めの対策をおすすめします。

Recommend

2023/5/26

Column

Grattis på fars dag! 父の日おめでとう!

日本の父の日は6月の第3日曜日で、今年は6月18日です。一方でスウェーデンは11月の第2日曜日で、今年は11月12日。約5か月も違うんですね。でもどこの国でもお父さんが頑張っているのは世界共通です。

黄色の花達

母の日が盛り上がる一方で、忘れられがちな父の日。いつもとはひと味違う贈り物で、お父さんを喜ばせてみてはいかがでしょうか? Wexthusetでは、男性にも喜ばれる個性の光るアイテムを多数ご用意しております。

Haws Watering Can Graphiteの画像
Haws Watering Can Graphite
世界のガーデナーの憧れであり、長い間愛され続けるイギリス(英国)『HAWS』のジョウロ。多彩なカラーが魅力の一つでもありますが、黒鉛の意味をもつグラファイトは父のかっこいいイメージにぴったりなアイテムです。
Kent & Stowe Carbon Steel Toolsの画像
Kent & Stowe Carbon Steel Tools
英国ガーデニングツールブランド、Kent&Stoweの重厚感のある色合いが人気のカーボンシリーズ。日本では炭素鋼と呼ばれる素材ですが、見た目の重厚感に反して衝撃吸収率が高いので、腕などの関節にやさしいといったメリットがあります。さりげなく「元気で頑張ってね。」とのメッセージを伝えるにはもってこいのアイテムです。
Kent & Stowe Eversharp Secateursの画像
Kent & Stowe Eversharp Secateurs
また、Kent&Stoweの剪定ばさみにはほとんどの商品にカーボンスチール素材が使用されています。 その中でも一番硬度が高い素材を使用して作られたのが、Eversharpシリーズです。ハンドル部分には軽量なアルミ素材とアッシュウッドが採用されています。
Luxury Leather Gauntlet Gloves Mens Largeの画像
Luxury Leather Gauntlet Gloves Mens Large
同じくKent&Stoweブランドのガーデニンググローブ。手の平・手の甲部分にはやわらかくしなやかな牛革を使用し、スエードの袖口が腕や手をしっかり保護してくれる、ガーデニング作業に最適な頑丈なつくりとなっています。
こだわりのあるガーデニンググッズで、いつもはなかなか伝えられない感謝の気持ちをお伝えしてみてはいかがでしょうか?

Recommend

Wexthusetでは父の日ギフトにおすすめの一部対象商品を、父の日ギフトスペシャルプライスでご用意しております。父の日限定ギフトラッピングも無料で承っておりますので、ぜひチェックしてみてください。
父の日ギフトはこちら

2023/5/13

Column

水やりの役割

水やりには大きく2つの役割があります。
植物に水分を与えることと、植木鉢やプランターの中に新鮮な空気を送り込むことです。毎日同じタイミングで同量の水をあげるのではなく、植物の様子を見ながら水やりのタイミングや方法を変えると植物を長い期間楽しめます。

水やりの基本

水やりは土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えます。
受け皿に溜まった水は捨てるのを忘れずに。
土が乾く目安として、実際に土を触って乾いていれば水やりのタイミング。
土全体に水分がしっかり行き渡るように与えます。

最適な時間帯

水やりは日中を避けて、午前中にやるのがベスト。
午前中に水やりをするのが難しいときは夕方に。
夜に水やりをしてしまうと、病害虫が繁殖しやすくなるので注意。
夏は1日1回〜2回、冬は3日に1回、春秋は1日〜2日に1回が目安です。

植物の状態

葉が枯れてしまったり、花がしおれてしまったり、水分量によって植物は目に見える形で変化していきます。 植物の状態をみて、早めに対処してあげることが大切。


水やりが多いと…

花がカビてしまう、下部の葉がだんだんと黄色くなる、根腐れを起こす、など。

対処法

根元まで腐っていなければ、新しい土に植替えて根が新しく出てくるのを待ちます。
そして、毎日の水やりの量を控えめにしてあげます。

水やりが少ないと…

花がしおれてしまう、若い葉が枯れる、葉がしおれて垂れてしまう、など。

対処法

枯れてしまっている部分をカットし、水をたっぷりと与えます。
土が水を吸収せず、はじいてしまう時はバケツ一杯に水を入れて、植木鉢ごとバケツに入れます。
根元の部分まで水に浸かるようにセットします。 土が水になじんできたら取り出し、通常の水やりに戻します。


日々の観察と少しのお手入れで、植物は元気に成長し長生きしてくれます。

Recommend

2023/5/2

Column

Trolleyの簡単な組み立て方

先日、トローリーワゴンを購入されたお客様より五つ星のレビューをいただきました。ありがとうございます!初めていただいたレビューで、スタッフ一同とても喜んでいたのですが、その中に説明書がわかりにくく、時間がかかったとのお声が…。これは改善せねば!ということで、メーカーの説明書とは違った手順の、お一人でも組み立てやすい方法をご紹介します。

まずは側面板を上下逆さにした状態で組合せます。折り返し部分を外側の溝にはめながら組むことで、4枚の側面板が倒れないようになります。
出来上がった長方形の角に、長い脚をボルトで仮止めします。この時も下側の溝に脚も差し込むように入れてください。こちらは後で1箇所ずつボルトを外すので、軽く仮止めしてください。

      

短い脚に心棒を通します。

その脚を2本同時に持ちます。先ほどと同じく外側の溝に差し込み、4箇所全てボルトで止めます。脚が倒れないように注意してください。心棒にタイヤを取付けます。

      

ここからがポイント。タイヤが下になるように一度横倒しにし、ゆっくりと起き上がらせます。ポイントは心棒を足で押さえ、タイヤを転がしながら起き上がらせるようにしてください。そして仮止めしたボルトを外し、溝にはめ込みながら底板を入れます。

      
      

ここまで来ればもう大丈夫。あとは説明書通りに進んでいけば完成です!
メーカーの組立動画もこの逆さ組立を行っているので、参考にしてみてください。それでもご不安な方は、組立配送も承っていますので、ぜひご利用ください。

Recommend

2023/4/20

Column

Mors dag いつものお礼に

今年の母の日は5月の第2日曜日。今年は5月14日です。一方でスウェーデンは5月の最終日曜日で、今年は5月28日。日付は違っていても、お母さんの好きなもの、お花などを感謝の気持ちと一緒に送るのは、どの国でも同じようです。

とは言え、毎年の行事ともあり、ギフト選びはとても悩んでしまいます…。今年はおしゃれなガーデニングアイテムを添えて「いつもありがとう」を伝えてみませんか?

Wexthusetではギフトに最適なアイテムをたくさん取り揃えています。ギフトラッピングも承っておりますので、是非ご利用ください。プレゼントをしたアイテムを使ってお母さんと一緒にグリーンのお手入れをするのもコミュニケーションの種になりそうです。

暖かくなる春は植物の植え替えにとても適した時期です。ぜひとも暮らしにグリーンを取り入れてみてください。

Recommend


Luxury Leather Water Resistant Gloves
牛皮素材で使えば使うほど手に馴染んでくれる手袋です。3サイズの展開で手の大きさに合わせてお選びいただけます。

Classic Watering Jug 1.8L
水差しの用途だけでなく、フラワーベースとしてもお使いいただけるので、ブーケと一緒にプレゼントをすれば喜んでくれること間違いなしです!

2023/4/14

Column

植替えも株分けも!万能なガーデンフォーク

ガーデニングと言えば『シャベル』のイメージが強い日本ですが、 実はスウェーデンやイギリスでは『シャベル』よりも『フォーク』が主流。
シャベルよりもフォークをメインに使っています。

そんな海外のガーデナーが愛用してるフォークですが、実際にはどのように使っているのでしょうか?
大きく分けると、 ‥擇鮃未后Ψ,襦 ⊃替え・株分け 収穫をする といった作業に使っています。

どれもシャベルの方が作業しやすそう。と思うのですが、なぜフォークの方が使いやすいのかというと、シャベルにはない「フォーク部分の隙間」がポイントになっています。

特に植替え・株分けの作業はフォークが活躍!
まず、移植をするときはシャベルを使うと、植物を掘り起こしたときに根を傷つけてしまったり、 引きちぎってしまうことがあります。
フォークの隙間部分は、植物の根を傷つけずに掘り起こすことができます。

株分けの時はフォークを2つ使うとさらに便利。
フォークを背面合わせにして、株分けしたい部分に挿しこみ、左右にゆっくり引き分けます。
この時もフォークの隙間で植物に与えるショックを和らげてくれます。

株分け以外でも、土や根を解すのにも◎
また、『Digging Fork』のような大型のフォークは収穫時期にとても便利。
ジャガイモなどのイモ類の収穫に使ったり、収穫が終わるとサツマイモのツルを集めたりと 収穫後も活躍します。
シャベルに負けず、あると便利なガーデンフォーク。ぜひ、チェックしてみて下さいね。

Recommend

2023/3/29

Column

Påskスウェーデンからレターが届きました
Message from LENA

スウェーデンにおいて、イースターは12世紀ごろから一般的に祝われるようになってきました。
ご存知の通り、イースターはキリスト教徒にとっては重要な祝日の一つで、キリストの復活を祝うものです。
実はスウェーデンは私も含めて、あまり教会に熱心に通わない宗教色の薄い国なのですが、それでもイースターは重要な習わしの一つとなっています。
1970年代ぐらいまではイースター(土曜日)の前日金曜日はすべてのお店が閉まってしまい何もすることがないぐらい、みんな休んで家族で過ごす日でした。

おおよそ100年ぐらい前までは、イースターのある月は最もあわただしく過ぎていく月の一つでした。
祝日を迎えると、皆多くのごちそうを食べる、まるでクリスマスの様な賑わいでした。
伝統的なクリスマスディナーとほぼ同じように、サーモンやニシンの酢漬け、卵や肉を食べます。クリスマスと違うのは、ハムが無く代わりに卵をたくさん食べることです。

イースターの前の木曜日はスウェーデンの民話で、魔女たちが箒にのってとびながら、「Blåkulla」と呼ばれる青い丘へ飛んでいき、イースターの日曜日に戻ってくるという言伝えがあります。
今では子供たちが魔女の仮装をして、近隣の家を回ってキャンディーをもらうという行事があります。
私たちの家族は、10日前に白樺の木の枝を取ってきて花瓶に生けて、新芽が出始めるころに、鳥の羽とカラフルにペイントした卵をつるして、春を楽しみます。

私の孫たちが遊びに来る前に、小道に羽を吊るしてスイーツとイースターエッグを見つけやすいように印をつけます。
そして午後には、イースターの食事の後に伝統的なスウェーデンのチーズケーキを食べます。このチーズケーキは世界的に知られているものとは違って、クリームとイチゴジャムと共に食べます。

(以下、英文)

In Sweden, Easter began to be celebrated during the 12th century. Easter has grown out of Christianity and is one of its most important holidays. For Christians, Easter is about being reminded of the suffering, death and resurrection of Jesus Christ. Sweden is one of the less religious countries but still Easter is an important tradition even if very few of us although very few of us attend any church service. But as late as 1970s the Friday, Good Friday before Easter Saturday every shop was closed, and you were expected to do nothing.

Until one hundred years ago the month before Easter was the end of a one month long fast. The celebration after the fast was a feast with lots to eat. Egg and meat in salmon and pickled herring. In fact very much like the Swedish traditional Christmas dinner except for the ham and more focus on eggs.

On Thursday before Easter according to old Swedish folklore the witches according to tradition flies on a broom to Blåkulla. This manifests today where children dresses up like witches, walk from house to house and begs for candy. Quite far from the old says.

In our family I start by taking in some branches from birch about 10 days before the Easter week, put in a was and have the leaves budding in light green. Then we hang painted blown eggs and colored feathers to make it colorful to celebrate spring.

Before my grandchildren arrives on Saturday, I hang out feathers as a path in the garden where they can find their Easter egg filled with sweets.
In the afternoon we all eat from the festive table ending with a traditional Swedish cheesecake that has not much in common with the more well-known cheesecakes outside Sweden. This is a real treat served with cream and strawberry jam.
Mvh
Lena Ljungquist

WEXTHUSET

2023/3/17

Column

グリーンのある暮らしを始めよう

毎日忙しいですね。暮らしの中にグリーンがあると、リラックスできたりちょっとした可愛い相棒になってくれたり。インテリアとしてお部屋を彩ってくれたりします。そんなグリーンのある暮らしの始まりをお手伝いします。

用意する物

・お気に入りの植物 ・植木鉢 ・土 ・鉢底石 ・鉢底ネット ・スコップ ・汚れ防止の敷物
植物と植木鉢と土以外は追加でさらにあった方が良いものです。家にある物で代用できるものもあるので自分に合ったものを見つけてみてください。

植木鉢の種類

お気に入りの植物はお気に入りの植木鉢に入れてあげたいですよね。デザインはもちろん、それと一緒に植木鉢の素材も重要です。どんなものを選ぶかによって水やりの頻度が変わってきます。育てる植物の性質や使う土の性質との組合わせで居心地の良い環境を作ってあげましょう。 素材によって大きく変わるのは通気性・排水性の良さです。水が大好きな植物には水持ちの良いものを、乾燥気味が好きな植物には通気性の良い鉢を。素材とは別に鉢底穴の数や縦長の鉢・横長の鉢など形でも乾きやすさは変わります。

植木鉢の中身

まず鉢に空いている穴をネットでふさぎ、鉢底石を1〜2cm厚程度入れ、排水や空気の出入りを良くします。 次に土を入れます。水持ちが良いものや水はけが良いものなど、育てる植物に合わせて選びましょう。最初から堆肥や植物に必要な成分が入っているものが簡単でおすすめです。 土の量は鉢の縁から約2〜3cm程下で納まるようにしましょう。このウォータースペースがあることで、水が土に染み込む前に一度溜まることができ、土が鉢の外へ流れ出るのを防ぎます。 また穴なしの鉢で育てる場合は、室内育成用の土を使うと根腐れを起こす心配も少ないので安心です。

暖かくなる春は植物の植え替えにとても適した時期です。ぜひとも暮らしにグリーンを取り入れてみてください。

Recommend

2023/3/6

Column

葉水のすすめ

葉水(はみず)とは、観葉植物の葉に水を与える方法をいいます。冷房・暖房が効く時期は空気が乾燥し、植物ももちろん乾燥気 味になります。人間の私たちも乾燥が気になるシーズンにお肌のお手入れをする様に、植物にも時期にあったお手入れが必要です。

葉っぱから吸収するお水は化粧水の役目です。特に葉っぱの面積の広い品種は葉の表面から蒸発するお水が多いので表裏ともにたっぷり保水してあげましょう。また薄い葉は、表面から蒸発する水分が多いとすぐにパリパリしてきてしまいます。こまめに葉水をして、ケアをしてあげましょう。真夏や冬場、生育が落ちる時期には根がお休みしがちになります。基本、肥料はいらない時期ですが、葉から吸収させるケア剤はおすすめです。

根っこから給水するお水は、ゴクゴクと私たちが水をコップで飲むように、植物が体内に取り入れるお水です。ただ、人間でも飲みすぎるとお腹を壊すように植物も根からのお水をあげ過ぎると根がふやけて根腐れを起こして体調を崩してしまいます。土を乾かして空気を吸える時間も作りましょう。

Recommend